HOME > 老いてなお情報技術を愉しむ > 3-ウェブの魔法使い > もうひとつのIT


▼スポンサーリンク▼

 

もうひとつのIT

ITは、
わたしが経営コンサルタントとして、
企業変革のお手伝いをするときの心強い道具です。
いくつもの会社を壊してきましたw(゚o゚)w
いや‥‥
業務上の古い慣行を壊して、
新しいビジネスモデルづくりに参画してきたっていう意味ですが、
おもにブッ壊すほうで活躍してきた気がします(;^◇^;)ゝ
そこでいちばんよく使う道具

ITだったんです。
現にここでこうしてこのサイトから、
お気楽にメッセージを発信できるのもITの恩恵です。
マーケティングのアイデアを実行するにも、
ITという道具がうまく使えないとたちまち行き詰まりますしね。
人と人とのコミュニケーションを豊かにする道具としても、
ITはほんとうに重宝します。
ITを使って経営をいっそう充実させていこう、
組織風土を豊かにしていこうというのがIT経営ですね。
さて、
ここでいうITとは、
Information Technology
(インフォメーション・テクノロジー)

略です。
「情報技術」のことだ‥‥
っていうことくらいはみなさんご承知のとおり。
なんですが‥‥
わたしはときどき、
別の意味でこれを使うことがあります。
Inspiration and Telepathy
(インスピレーションとテレパシー)
──つまり
「霊感+霊的交感」の意味で使う。
あやしすぎます(ё_ё)?
ま、
他愛もない言葉あそびなんですが、
もうひとつ別のITが存在するというわけなんです。
さあ、
このインスピレーションとテレパシーってやつ、
なかなかに利用価値の高い道具ですよね。
(ё_ё)?
いくら利用価値が高くったって、
どうやって使いこなしたらよいかわからない‥‥?
ああ‥‥
まあ、そうですね。
そういう点ではどっちのITも似たようなもん。
「霊感+霊的交感」ITは、
ずっと古くからあるにもかかわらず、
>そんなもんハナっから信用してねえよ!
っていう方が
ほとんどでしょうか。
あなた自身が
まったく気がつかないうちに、
ずいぶんお世話になってるんですけどもね。
信用しないのは自由ですが、
できれば両方とも、
少なくともどっちか片っぽのITくらいは
使いこなせるようになりたいものですよね。
心のお手入れをしっかりやってたら
使えるようになる
んですヨ。
ふっと、
ふーっと、
ふっ、ふーっと。
もっともいまじゃ、
天然のインスピレーションテレパシーもいらないくらい、
あらゆる情報をインターネットから取り出すことができます。
発信することもできる。
インターネットがなかった時代の人から見れば
すべてが魔法のようです。
地球の裏側にいる人がさっき何を思ったか‥‥

瞬時にわかるなんて、
ヨガの聖者もびっくりだw(゚o゚)w
まさに魔法
というしかないでしょう。
ケータイ持って受験すれば、
無限の知恵でどこの大学でも受かってしまう時代です。
マジで京都大学に合格した人がいて、
バレてえらいニュースになっちゃいましたね。
つきあい方をまちがうと怖いが、
うまく活用すればこれほど便利なものはない。
知恵を出す者と出さない者の差が広がるって意味です。
まさに現在進行形で急展開しているITですから、
学ぶ者と学ばない者との差

果てしなく広がるばかりです。
いま、ITを、どう愉しむか。
ぼけ~っと使っていたら、
わたしたち自身、
ネットにつながれっぱなしみたいな生活になります。
朝も夜も無意識にネットに監視され、
ネットから養分を吸っている状態になってしまうのです。
それを嫌気して
デジタルを完全にシャットアウトする生き方

あっていいと思います。
あなたに有能なブレーンがいるなら、
三次元社会の雑事をすべて任せて情報そのものを制御できます。
もうひとつのITを研ぎ澄ますためにはそのほうがいいでしょうね。
どっちにしろ、
あなたの経営7ツ道具の中にはITを置いていただきたい。
あなたからずっと離れたところで起きる、
あなたにとって意味のある出来事を、
あなたは瞬時に知ることができる。
あなたのまわりの人たちに、
あなたが伝えたいことを、
あなたはいっぺんに伝えることができる。
もうひとつのITとこのITは共通点が多いと思いませんか。
まるで
魔法みたいに‥‥
次に何が起こるか、
予知できますよ。
ちょっとくらい信じてみましょっか(≡^∇^≡)


▼スポンサーリンク▼