HOME > 老いてなお情報技術を愉しむ > 1-雲をつかむような話 > ホームページ開設時の心得


▼スポンサーリンク▼

 

ホームページ開設時の心得

>ホームページは第二の経営指針書ですよ
と、
はじめにいつも言ってます。
中小企業の社長さんから直接、
会社のホームページ(=ウェブサイト)制作を依頼されたときにはいつもです。
たいていキョトンとされますね (・・;)
でも、
ほんとうに似ているんです。
ホームページをつくるにあたって
整理をしておくことの順序
が。
経営指針書をつくるときの順序
と。
なにが言いたいんだかよくわからないホームページにしたくなければ、
せめてあなたの中心メッセージくらいは
ハッキリさせとく必要があります。
つまり、
あなたがいちばん伝えたいことはなんですか?
ってこと
なんですけど、
そこでまたキョト~ンとされますよね。
ズバッと言えない社長サンのほうが
圧倒的に多いんだからまったくε=( ̄。 ̄;)
たとえばSEOにしたってですね、
キーワード本位に対策を立てていくわけですから、
自社の「強み」が何なのかが明確でなければ効果が出ません。
デザインがすばらしい ≒ すばらしいホームページ

思っていらっしゃるかもしれませんけど、
それ、
大きな勘ちがいですから。
たしかに
すばらしいホームページはデザインもすばらしいことが多いんですけど、
デザインがすばらしければすばらしいホームページなのかというと、
それはまったくちがいます。
ちなみにここでいうデザインとは、
いちばん通俗的で狭義のそれを指していまして、
見た目のカタチの良いかどうか、
視覚的なインパクトが優れているかどうかの部分です。
なんのためのデザインですか?
なにを伝えるためのホームページですか?
それを伝えるのはなんのためですか?
誰に対してそれを伝えるんですか?
あなたの顧客はそもそも誰ですか?

‥‥そんな質問にズバズバ答えていかなければ、
どんなホームページをつくりたいのかあなた自身もわからなくなるはず。
すばらしいホームページとはけっきょくのところ、
あなたが与える役割を、
きっちり果たしてくれるホームページのことでですよね?
>とにかくおしゃれなページにしてくださいネ=*^-^*=
って
要望して、
おしゃれなデザイナーがおしゃれなページをつくったとしても、
それで得られるのは自己満足だけってことになりません?
ルックスはいいけど仕事はできない社員みたいなもん。
ホームページは、
あなたやあなたの会社が、
しかるべき相手に向かって、
メッセージ(=想い)を発信するための最高の道具。
スマホやソーシャルメディアが普及しはじめてからは、
発信する以上に、
外からのメッセージを受け取る役割も重要になってきてまして、
あなたが勇気を出してあなた自身やあなたの会社の存在価値を世に問い、
厳正な審判を仰ぐことができれば、
市場から認められ、支持され、愛されるチャンスが広がるでしょう。
無限のヒントを受け取ることができるんです。
受け取るというより吸収する

表現したほうが合ってますかね。
要するに、
ネット上でも聞き上手になろうねってことなんですけど、
その前提となるのが真摯な自己開示。
そういう意味で、
ホームページは公開版の経営指針書なのだ

思っといてほしいんです。
会社が大きくなればなるほど、
ひとつの会社でいくつものサイトを運用するようになり、
単一の商品や特定のブランドのマーケティングのためだけに、
サイトを立ち上げたりします。
ホームページに与えられた役割が細分化されるわけですが、
それぞれの役割が理解されていれば問題ありません。
けれど、
あなたが大企業のマネをするのはまだ先の話です。
ただぼんやり細分化された単一機能のサイトをしばしば目にしていると、
そんなもんなのかなぁと錯覚してしまいますが、
はじめは
自社のミッションを伝えるコアなページづくりに徹してください。
経営理念や企業ミッションが明確だと、
キャッチコピーひとつにしても気持ちよくキマるんです。
だからわたしは、
みなさんのホームページづくりをお手伝いさせていただく際、
初期のヒアリングに次のような項目を含めています。
  • 会社(お店)の特徴について簡潔にまとめてください。
  • これだけは外せないという経営者の想いがあればお伝えください。
  • 主軸サービスの特長、ウリについてまとめてください。
  • 事業、商品、サービスに関連する重要な単語をまとめてください。
  • ブランドイメージについてまとめてください。
  • ホームページに期待する役割をまとめてください。

‥‥など。
あなたの「これだけは外せない」想い。
それは、
必然的に経営理念と重なるはずです。
もし重ならないなら、
いますぐ経営理念のほうを見直してください。
ホームページで表現されるべきものの第一番は、
やはり経営理念のはずなんです。
中小企業ですから。
ホームページを制作する側は、
クライアントの想いを引き出してカタチにしていくスキルが極めて大切だということ。
そしてそれは、
経営指針づくりのお手伝いとの共通点がとても多い
ことに
気づいたんです。
そしてまた、
中小企業の社長がITに触れるはじめの一歩が
ホームページづくりであることがきわめて多い

ことを考え合わせると、
ますますホームページ屋さんに求められる役割は重要だとわかります。
>ええかげんにうちも
>IT化っちゅうもんをせんとあかんかなぁ‥‥


思い立ったときに、
とりあえず身近にいていちばんはじめに出会うIT業者
ホームページ屋さんである確率が高い
という意味です。
すなわちホームページ屋さんは、
第二の経営指針書づくりをお手伝いするという役割を通じて、
会社の強みや課題を知りうる立場にあり、
IT化の成熟度もわかりますから、
これからどんなふうにIT化を進めていったらいいかについて
最適なアドバイスを提供することもできるわけです。
ひとくちにIT化といっても、
いったいなにがどうなってお金がいくらかかるのか、
さっぱりわからなくて不安な中小企業のいちばん身近なアドバイザー‥‥
そんなホームページ屋さんでありたいですねv(。・ω・。)♪
あなたが言うことを
言ったとおりに実行してくれる業者のほうが好都合だとすれば、
それはあなた自身が「どんな会社にしたいか」を明快に描けている場合の話。
自分の立ち位置もよくわからないうちは、
ホームページをつくるより先に経営指針ですよ” “(/*^^*)/


▼スポンサーリンク▼