HOME > 仕事のご依頼 > 3-仕事の方向性 > このサイトのミッション


▼スポンサーリンク▼

 

このサイトのミッション

ファイト!
闘うキミの唄を
闘わないやつらが笑うだろう
ファイト!
冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ中島みゆき「ファイト!」(作詞作曲:中島みゆき)より


歌っていたのは中島みゆき。
超えられますよ。
いろいろあっても超えられる。
ファイトです。
あなたは二代目さんですか?
それとも創業社長?
起業したばかりならなおさらツラいと感じることも多いでしょう。
これといった実績がなければ、
ふつうは気持ちが弱りますよね。
けっきょくなんてものはなかった。
ビジョンなんてガキの戯れ言みたいなもんやった‥‥と気づく。
実は自分にあったのは、
なんとなくこういうのがええかな‥‥
程度のあこがれだけやった‥‥と気づく。
業績回復のメドは立たず、
誰からも見向きもされず、
へこたれそうな日々がつづく。
いちど折れかかった心は、
どうにもこうにも立て直すことができない。
自分はほんとうは
どこにでもいるダメ人間じゃないのか‥‥
ただのへたれじゃないのか‥‥
それなのにあいつは‥‥
いつも運がいいように見える‥‥
生まれつき明るい天然のたくましさを感じる‥‥
踏まれても蹴られても平気なタフガイだ‥‥
うらやましがってるんですか?
そりゃ、
うらめしくもなりますよね。
顔にもブサイクなのと整ったのがあるように、
生まれつき成功者のオーラを出してるように見える人っています。
ご両親がすばらしいのでしょうね。
育った家庭の雰囲気もさることながら、
組みこまれたDNAがすばらしいのでしょうね。
世の中はかなり不公平
けれどもね、
生まれつきの自分がへたれだったとしてもね、
心はあとから鍛えられる。
生まれ変わったみたいに、
強いハガネの心をもつことができる。
そこはまちがいないので安心しよう。
息苦しくて締めつけられるように胸が痛むこと‥‥
ありますあります。
生きてられないくらいしんどいこと‥‥
あります。
乗り越えられます。
まえはどうしようもないすれっからしだったけど、
いまはなにもかもオールライトv(。・ω・。)♪
‥‥っていう日がくる。
メゲそうで、折れそうで、倒れそうな、
そんなふうな事態に陥りながらも、
なんとか奮起して再生しようというスピリッツを、
このサイトは応援したい。
救う
というと大げさで気恥ずかしいのですが、
でもあえてこの言葉を使います。
わたしはこのサイトが、
あなたを救うことになると確信しているんです。
たとえちょっとのことでも、
今日もきっと誰かを救っているんだと信じてます。
かつて自分が、
危ないところを救っていただいたときの感謝の気持ちを
忘れないためにもそうしたい。
これはわたしにとって、
ささやかなご恩返しなんですね。
「使命」という字は
「命」(いのち)を「使う」と書きます。
じゃあ自分は、
何のために命を使いたいか。
この歳になって、
はじめてまじめにそういうことを考えた。
会社に経営理念というよりどころがあるように、
人生にも信念がほしい。
よみがえり

合い言葉です。
>あのタイミングで、
>あの出会いがなければ、
>いまの自分はなかった。

と、
本気で思えるわたしはしあわせ者。
そんな出会いは、
まさに奇跡的としか言いようのない絶妙なタイミングで起こります。
最悪だと思ったそのときが実はベスト‥‥
だからまぁ、
ちょっとでもその幸運のおすそわけができればな、

思います。
なにがあったとしても、
きっと持ち直せる。
よみがえることができる。
あやうくネガティブにかたむいてしまいそうなところを、
なんとか踏んばれるかっていうこころのせめぎあいの場面で、
このサイトがお役に立てるように、
わたしは命を使います。
容赦なく襲いかかってくる痛みや苦しみを、
どうにかこうにかして消滅させるお手伝いができるように、
わたしは命を使います。
きっとあなたを助けることになる。
よみがえってもらうことができる。
エモーショナルレスキュー
なりましょう。
いやしくも経営者たる者、
投獄、倒産、大病の3つのうち2つは経験してようやく一人前だ。

とは、
「電力の鬼」と呼ばれた老財界人、
松永安左衛門の言葉だとか。
現代風なところでは、
失恋、リストラ、うつ、いじめ、虐待、
離婚、愛する人との死別、部下の総スカン‥‥等々。
経営者ならそういうことの1度や2度はありますね。
死線を彷徨う日々が。
予期していなかったところに、
不意にドーンと襲ってくる環境変化の大波‥‥。
とどめを刺される人心の錯綜。
‥‥そういうのはすべて
きっとなにかのメッセージ。
超えられますよ。
企業はゴーイングコンサーン
継続してナンボの経営です。
生き続けてこその人生です。
思いどおりにならないことのすべてに感謝しましょう。
ありがとうございます。


▼スポンサーリンク▼