HOME > 徒然石 > 3-ダイエット > プチ断食は心の儀式──食欲と仲良くなろう


▼スポンサーリンク▼

 

プチ断食は心の儀式──食欲と仲良くなろう

ひさしぶりにやっております。
本日は
プチ断食

気分なのでございます。
ここのところ、
食べすぎな日が増えてましたのでね。
わたしのプチ断食はどんなんかといいますと、
起きてから寝るまで、
水分以外はほとんど何も摂らないというものです。
たまにこれをやるだけで、
食生活の乱れがスピーディに整っていいですね。
もともと一日二食ですので、
食事の回数としては2回だけ抜くわけですが、
前日の食事が午後10時だったとしますと、
次は翌日のお昼12時ごろですから、
だいたい
38時間

何も食べないことになります。
日によっては、
たまたま冷蔵庫に入っている野菜──ブロッコリーとか──を
ちょびっとつまんだりすることもあります。
毎回例外なく調子が良くなりますので、
みなさんにもおすすめしたいんですが、
かえって体調を崩されてはいけませんので、
ここで
プチ断食ツボ
を、
整理しときたいと思います。
が、しかし、
からだ
にとって、
どんな効果があるとかないとか、
そういうことは述べません。

断食は、
太古の昔から
多くの宗教で修行の一環として取り入れられている
ことからもおわかりのとおり、
こころ

儀式なんです。
じゅうぶんな食べ物がなくて、
もともと空腹で痩せ細っている上に、
さらに断食してたわけですから。
食欲というに、
自分の心が揺さぶられることのないように、
とことん向きあって仲良くつきあっていこうっていう目的が本質にある。
この理解が、
プチ断食で挫折しないための秘訣でもあります。
だから、
わたしがお伝えしたいのも、
食べないあいだの心の整え方なんです。
結果的にはダイエットも成功しますので
ご安心を。
心のはたらかせ方だけで体重が減らせる‥‥
と、
こう申しておるわけですが、
そのツボをひとことで言うと──
想念観察がすべて
なので
ございます。
何を食べたらいいとか食べないほうがいいとか、
そこの知識は市販のダイエット本に書いてある程度でけっこう。
深くむずかしく知っておく必要はありません。
体のことばっかり気にかけすぎるダイエットでは、
やっぱり何回も挫折します。
おなかがすいているあいだに
心に浮かぶあれやこれ

観察して向きあうだけでいい。
要は
マインドフルネスが肝心ってことなんですけど、
ここのところ、
詳しく説明をさせていただきましょう。
まず、
何回もしつこく言うことですが、
我慢はしないこと。
これ肝心。
やせたいから
とか
おなかを引っこめたいから
とか、
そういう動機で断食する人は、
つい
食べないぞ!
っていうほうに気合いが入りすぎますよね。
そこ、要注意です。
食欲を抑えこもうとする作戦は、
ことごとく失敗
します。
人間、
心地よくないことは続かないし、
またやりたいと感じない。
空腹を楽しむっていう大前提、
これは大切に守っていただきたい。
おなかがすいた状態が、
自分をキレイにしてくれてる
っていう実感
とか、
いつもの仕事がお休みになった胃腸さんが、
からだのいろんなところを掃除してくれてる
イメージ
とか、
そういうのを大切に抱きしめて、
膨らませてほしいんです。
医学的にはまちがってるかもしれなくても、
そんなことは気にしない。
現実は想いに従う。
それが絶対の真理。
だからエンジョイしましょう。
うまくいくとかいかないとかは二の次。
空腹を楽しむ練習なんです。
楽しく練習したらいいんです。
‥‥はいはい、
わかってます。
それがうまくできないから食っちまうんですもんね。
だからさっそくいまから
想念観察の練習
を、
いっしょにやっていきますよ。
準備いいですか?
ファスティングの同時進行ライブです。
わたしはいままさに現在進行形で、
とてもおなかが減っています。
ここから先はあなたも、
おなかをすかせながら読んでみてください。
さあ、
では本日の主役、
食欲さん
に、
ご登場いただくことにしましょう。
ああ~っ!
食べたい~っ!

っていう衝動ですね。
空腹が進めば進むほど、
食欲という魔物は強く大きく増長して、
あなたの決心を食い破らんがためにカマ首をもたげてきます。
その忌々しい食欲さんの姿を見てください。
あ、
食欲に「さん」づけするなんて変だって思いました?
はい、実はこれ、
欲望や感情を擬人化するスキルのひとつでして、
内観と申しますか、
自分自身を客観視する上でとっても有効なワザなんです。
肝臓さんとか膵臓さんとか、
臓器を「さん」づけで呼ぶこともあります。
見えない内側の動きを心の目で見える化するために、
ですね。
なので、
ばかばかしいと思わないでやってください。
性欲さんにも睡眠欲さんにも、
それぞれユニークなキャラがありますでしょ?
はい、
あなたの食欲さんって、
どんな人相ですか?
え?
ドーベルマンみたい?
擬人化を通りこしてになっちゃいましたかε=( ̄。 ̄;)?
まあいいです。
とにかく視覚的にとらえていただければいい。
おなかがすいて、すいて、
いらいらするくらい落ちつかないってことは、
そのドーベルマンがばうわうと暴れている状態です。
見えてますか?
>断食なんて、
>こんな間抜けなゲームはいますぐやめろ。
>おまえはだまされてるんだ。
>いちばんくつろげる憩いの時間が奪われるんだぞ。

って、
心の内側に響いている声をよく聞いてください。
>いつものように寝ころんで、
>好きなだけポテチとピザを食べている自分を思い出せ。
>その快楽を捨てていいのか?
>いま腹をすかしたってな、
>あしたになったら倍のメシを食いたくなって、
>けっきょくもっとデブになるんだぞ。

──そんな声が聞こえてきてますか?
え?
はしゃべらん?
‥‥いえ、
想念の世界の話ですから、
きちんと内側に意識を向けていたら何か聞こえてくるはずです。
で、
そうやって聞こえてきた声が
あなたの食欲の正体です。
あなたが習慣を破ろうとするとき、
欲望は悪魔と化すんです。
お肉、
ジュワジュワ~って、
おいしいですよね!
魚も、
きのう食べた蒸穴子とか、
脂が乗ってハンパなく美味かった!
チーズにワインっていうのも最高です。
そういえばいま、
冷蔵庫にカチョカバロが入ってる。
ソテーしてもうまいがそのままでも抜群。
‥‥思い出しはじめると止まりませんね。
いますぐにも食べたいです。
食欲の悪魔が、
どう猛なキバをむいて、
あなたを誘惑の沼に引きずりこもうとしています。
え?
カップラーメン想像しただけで撃沈?
それは‥‥ちと
モロすぎるのではないかな、おぬし。
ε=( ̄。 ̄;)
いや冗談抜きに、悪魔と化した食欲さんは、
あなたの鼻っ先に脂肪糖質を突きつけてきます。
脂肪 + 糖質 = オーマイガーッ!無条件降伏!
ですか?
──しっかりしてくださいよ。
ありったけの
意志

いまここで集中して凝視してください。
相手の姿が見えているなら、
ふだんの半分以下の意志力で
欲と向きあうことができます。
よく話しあってください。
食欲さん停戦協定を結ぶんです。
もう戦いは終わりにしようと、
おだやかに語りかけてください。
だって、
食欲さんは悪くないんですから。
どうしてそこまで食欲さんを憎むんですか?
何を決めても三日坊主で、
約束を果たさなかったのはあなたのほうですよ。
あなたの心の内側では
長いあいだ、
食べたい vs やせたい

戦争が続いてきました。
つまり
欲望A欲望Bのあいだの戦いです。
何も悪いことをしていないのに、
食欲さんは目の敵にされ、
一方的に迫害され続けてきました。
あなたの一部なのに‥‥(T_T)
いま、 空腹っていう、
なかなか無視することが困難な不快感を逆にうまく利用して、
想念観察のスキルを上げることができます。
腹をすかして、
ひもじい気持ちで、
ひとりで戦争やってる自分がおかしくも憐れに感じられたら‥‥
欲望さんたちと対話するチャンスです。
いま、わたしは、
最後の食事からちょうど24時間が経過したところですが、
もちろん腹ぺこです。
でもぜんぜん平気。
いまはこの文章を書くっていうことに集中しているので、
他のことは気になりません。
実は朝、
今日はプチ断食しようかなって思った時点で、
食欲さんと抱きあって握手して、
もう和解は済んでるんです。
ここんとこ、
おわかりいただけますか?
あれしたい vs これしたい

戦いになってないってことなのです。
やせたい
っていうのは欲望ですが、
すでにやせつつあってうれしい
っていう実感は欲望とは別物。
いま、わたしの目に、
食欲さんがどんなふうに見えているか、
現場からライブで擬人化してみますと──
>おっ、
>なんだおまえ、
>まだ起きてたのか。

って感じなんです。
文字どおり、
忘れてました。
ほんとうに素直でいいヤツなんですよ、
わたしの食欲さんは。
ふだんはけっこう
ちゃらんぽらんでだらしないんですが、
締めるとこ締めるっちゅうかね。
いざとなったら頼りがいのあるヤツなんです。
いま、
わざわざ彼のことを思い出すために、
一時的に意識をそっちに向けました。
なのでもういちど、
彼を忘れます。
あなたも
ぜひごいっしょにやってみてください。
おなかがすいた感じを消してしまうんです。
やせたいっていう欲望も消す。
いいですか。
いっせーの!
。。。消




‥‥どうです?





‥‥まだですか?
意識をフッと、
どこからも外すってことが
できるようになるんですがな。
わたしは、
いまはたまたま書き物に集中してますが、
何もしてなくても、
どこにも集中してなくても、
スーッ
と、
なんにもない穴だけのような意識に
フイィッと入れる。
それがむずかしいあいだは、
何か別のことに集中するっていう順序でもいいでしょうけども。
やっぱり
瞑想からはじめるのがいいでしょうね。
腹が減ったら瞑想
って、
いいかもですよ。
食べたい欲求が
浮かんだら浮かんだなりに、
スッスッと
かわしては流していく。
取っ組みあってはいけません。
怒りを鎮めるために、
やさしく語りかけるように‥‥
坐りましょう。
欲望同士の争いがおさまるまで、
坐りましょう。
おーw(゚o゚)w
ところで気がつけば、
ずいぶん長い文章になってしまいました。
今宵は‥‥
酒だけでも飲もうかな(;^ω^A
わたしのプチ断食には、
酒は飲んじゃダメっていうルールはないので。
‥‥いや、
冗談です(;^ω^A
おなかすいたまま、
おやすみなさいまし。


▼スポンサーリンク▼