HOME > 徒然石 > 2-余談・補追 > 結婚できない理由


▼スポンサーリンク▼

 

結婚できない理由

魅力的な彼女が、
ビジネスで成功できない理由が、
わたしにはすぐにわかりました。
わたしのことを勝手に師匠と呼んでくれている美しい女性の話
です。
300万円ためて、
自分のお店を持ちたいっていうシンプルな計画なんですけど、
それがなかなか進みません。
単純にいうと、
それより先に結婚して子どもを産みたいっていう気持ちがあって、
ビジネスが後まわしになってるからなんですけど、
わたしには、
彼女が結婚できない理由もすぐにわかりました。
いちどは結婚しているので、
正確には「再婚できない理由」ですが、
2回めでも何回めでも関係ありません。
できない理由

ひとつです。
したい
っていう願望そのもの

障壁になっているから

他なりません。
したくてしたくてしたすぎて、
心ががんじがらめ。
それこそが
執着
ってやつ。
執着こそが、
彼女の、
しなやかな動きを阻んでいるものです。
したいからできない‥‥ってことなんですけど、
それってどういうことですか?
あまりにも強い「したい」の裏には、
「できない」という想いがしっかりと握られているからですよ
ってことの意味は、
すでに
パラドキシカルな対処法として述べました。
あなたにもあてはまるかもしれません。
ちがうかもしれませんけど、
簡単にチェックできますからやってみてください。
ものすごく「したい」っていう、
あなた自身の強すぎる願望の裏を見つめるだけです。
「できない」という想いがなければけっこう。
純粋に「したい」だけならそれは実現パワーです。
「できない」想いの裏返しの「したい」なら、
実現しないのがあたりまえ。
彼女がわたしのことを、
勝手に師匠と呼ぶようになったのは
この日からです。
同時に彼女は、
このウェブサイトの
ヘビーなリーダーになりました。
わたしが教えてあげるまで、
知らなかったんですって。
じゃあ、
ちょっとでも役に立ったじゃないですか。
わたしのアドバイスが。
真理と心理の
パラドキシカルなからくりに気づいて、
とにかく執着を落とせばいいんだってことにも気づけた。
断捨離(だんしゃり)
っていう言葉がブームになったこともあって、
そのことまではけっこう気づいている人も多いようです。
じゃあ次は
具体的な方法の修得が必要でしょ。
執着を、
どうやって落としたらよいのかってこと。
そこのところは、
流行りの本をいくら読み漁っても答が見つからない。
何百万円も使って、
あっちこっちの自己啓発セミナーやらなんやら渡り歩いても、
一筋縄ではいかない。
しかも、
方法がわかっただけでは駄目で、
何年も実践躬行の努力を必要とする。
たとえばゴルフだってそうですけど、
本を読んで知識としてコツがわかったって、
実際にクラブを振ってボールを打ってみないと上達しない。
何百回、何千回、何万回と素振りが必要。
それと同じ。
しんどいと感じる人もいればずっと楽しんでやれる人もいる。
わたしは
自分がどれほどの幸運に恵まれたか言いようもないほど、
その道のりを教えてくれる人に出会えた。
ともかく人生最高の大恩人に出会えた。
喜びと感謝と達成感でいっぱいの道のりでした。
だからわたしも、
チャンスがあればこのことを誰かに教えてあげたい。
教えてあげても、
ピンと来ない人にとっては何の価値もないし、
わたしだって、
自分に効いた薬があなたにも効くと思っているわけじゃない。
読んでわかっただけではどうしようもない。
修行を積んでいるあいだにも、
婚期はどんどん遅れていくのだし‥‥。
なので
たったいま、
しあわせになりなさいね。

そしてずっと
そのまましあわせなままでいてくださいな。
しあわせなままLet’s修行。
それができるんだからそうしましょう。
そのやり方を、
わたしが教わったとおりあなたに教える。
あなたが結婚できるかできないかは、
神のみぞ知る結果の話ですが、
けっきょくのところ、
あなたがしあわせMAXでいることが、
結婚できる確率をMAXに押し上げることになるって理屈、
わかっていただけますよね。
したいかしたくないかなんて関係ないので、
するんだろうなあ‥‥って感じで、
結婚願望なんて忘れてしまうくらい心の奥の奥の深いところで、
静かに無邪気に信じてたらいいんですよ。
気がついたらいつのまにか結婚しちゃってたあなたがいますよ。


▼スポンサーリンク▼