HOME > 心のお手入れをサボらないために > 1-心の入り口 >

かなり大切なバランス感覚

大事なところなんで、
くりかえします。
自分の中に
もうひとりの自分がいることに気づいておきましょう。
いちど気づいてもすぐ見失いますんで、
気づき続ける努力をしましょう。
小我大我(真我)
とか、
エゴ(自我)ハイヤーセルフ
とか、
2人の自分を分ける言い方、
呼び方はいろいろあるでしょう。
けれどとにかく、
ふだん自分で自分のことを
「ワタシってこれのことでしょ」

思いこんでいる、
その自分とはちがうところに、
もうひとりの自分がちゃんといます。
ふだん自分で自分だと思っているほうとちがうほうの自分が、
いわゆるほんとうの自分なんだと、
そう思ってしまってください。
ほんとうとかウソとか言ったって、
しょせん便宜上の分け方ですから、
どっちがウソでどっちがほんとうというわけでもないのですが、
とりあえず、
こっちがウソでふだん見えてないほうをほんとうなんだとする。
人生いつでも自分とふたりづれだってことですよ。
あなたがもし寂しがり屋さんで、
そんな自分がちょっとイヤだとしたら、
特にこの感じをわかっておいてもらいたい。
あなたという存在を、
海に浮かんだ小さなイカダに例えてお話しましょう。
イカダを動かすための道具は、
「櫂」(かい=バドル)と「帆」です。
はイカダを手で漕いで動かす。
は風を受けて動く。
あなたの中にいるふたりのあなたは、
それぞれ別の「動力」を持っていると考えてほしいのですが、
その動力の特徴を、
イカダを動かそうとするときの「櫂」「帆」にたとえると説明がしやすいんです。
はるか彼方に見えてきた小島にたどりつくために、
あなたはをどのように使い分けるでしょうか。

どちらにも一長一短ありますね。
風の向きや潮の流れが読めるなら、
あなたは額に汗してを漕がなくても、
を張っているだけで船は進みます。
しかもその速度は、
手漕ぎで出せる速度の比ではない。
しかし困ったことに、
風の向きや潮の流れなんてものは、
そう簡単に素人が読めるものじゃありませんよね。
たぶんこっちじゃないかなぁ~って予想して、
なんとなく波に揺られてたって、
島(=目的地)に近づいているという実感が湧きません。
だから自分の全身を使ってエッチラオッチラ漕いでたほうが、
実際には島に近づいていようがいまいが、
やるだけのことはやっている気がするから得心がいくってもんでして。
そっちのほうが現実的だし確実だという見方も筋が通っています。
今日では──
実在意識潜在意識
あるいは
左脳右脳
について
それぞれの機能と役割

ずいぶんと科学的に研究されて広く知られるようになってますから、
わたしたちが使えるエネルギーを大きく2つに分けることには異論がありませんね。
イカダの例えでは「帆」潜在意識にあたる
のも
おわかりですね。
まるで自動操縦ロボットのような
このすばらしい潜在意識という能力が与えられているにもかかわらず、
現実社会では近代文明人のほとんどすべて、
100人中97人以上が「櫂」のほうばかりを使って生きている‥‥
というのも
すでに知られているとおりです。
なかなか気づくことができないもんですからですね。
自我(エゴ)さんはいつもでイカダを漕ぎつづけています。
次はどうしたらいいのか?
この問題はどうすれば解決できるのか?
あ~これはダメかもしれない‥‥
いっしょうけんめい考えることに忙しいんです。
ほんとにもう毎日たいへんでイヤになる。
なんでこんなにうまくいかないことばっかりなのか。
まったくどいつもこいつも‥‥
愚痴をこぼすことにも忙しい
を張ることを思いつかないままがんばってるんです。
ときどき思いついたとしても、
やっぱり天候が読めないからうまく進めない。
たまたま無自覚にを使ってまぐれ当たりすることもありますけど、
もちろん長続きしませんね。
波に呑まれて沈没必至。
それならはじめからを張らないほうがよかったってことも多々ある。
よろしいか、
風の向きを読むのはハイヤーセルフさんの特技なんですよね。
だからどうしても、
うまくを操ろうと思うと、
もうひとりの自分に出てきてもらうしかない‥‥
ってことになります。
そりゃあ人生をとにかく楽に、
喜びに満ちて、しあわせで、なんの不安もなく生きようと思ったら、
風や潮の流れにうまくイカダを乗せて、
ちょいとを上げたり下ろしたりしながら、
自由自在に行きたいところに行けるっていうのがいちばんいい。
ただそのためには、
天候を読む能力が必須です。
宇宙とつながるってやつ。
そのためには‥‥
寺から逃げ出す俄坊主が後を絶たないくらい根気のいる
魂の修行
ってやつが求められる。
3日で身につく潜在能力の使い方‥‥なんて、
ないない。
2週間で英語がペラペラ‥‥がないのといっしょ。
だから、
手段はどっちでもいいっていうことなんですよ。
はるか彼方に見えてきた小島にたどりつくための手段は
あなた自身の自由選択
です。
あなたにはあなたの美学があるように、
他人には他人それぞれの美学がある。

それでいい。
ただね、
ほんとうの自分にいっぺんは出会っておかないと、
どうしても超えられない苦しみ、痛みがある。
生きるか死ぬかのときがくる。
だから、
もうどうしようもなくしんどくて、
生きていられないくらい凄まじく辛いときが、
まださいわいにもあなたには来ていないとしてもね、
知っておくってことはとても大切なことなんです。
選択肢があることを知っていて選ばないということと、
はじめっから知らないということでは意味がぜんぜんちがいますよね。
極論すれば、
ほんとうの自分が見つかったからといって、
いつもそっちの自分で生きていかなきゃならないってことでもない。
泥くさいところが好きなんだっていうことなら、
死ぬまでドロドロでいい
んですから。
さとりなんて開けなくっても大金持ちになれます。
欲望を満たすために目標を立て、
それを努力して達成感を味わうことの連続は幸せなもの。
欲望のエネルギーだけで成功できるっていうのも確かな事実。
どこまでも自己中心主義を楽しみましょう。
逆に、
さとりを開いた人がみんな、
弥勒菩薩みたいな生き方をしなきゃならないってことでもない。
欲は欲として器用に自覚的に使い分けたらいい。
お金儲けもおしゃれも酒もセックスも好きなだけやったらいいし、
ロックも聴いてていい。
とにかく便利な道具だから‥‥
みたいな軽い気持ちではなかなか身につきませんが、
とにかく行けるところまで行ってみるっていうのでどうでしょう?
いくつかの関門がありますけど、
それぞれにちゃんと素敵なご褒美が用意してありますから。
人を見る目も養われます。
途中で引き返しても誰にも叱られませんしね。
宗教だとお金がかかるかもしれませんけど、
わたしは宗教のことはさっぱりわかりませんから、
お気楽にさとってみてはいかがでしょうね。
b(⌒o⌒)d
さあ、とにかく‥‥
あなたがふたり(。・・。)
もうひとりのあなたが起きてるか寝てるか、
どっか出かけちゃったかはさておき、
あなたはふたり(。・・。)
ここのところをほんの瞬間でも実体感して、
人生いつでも自分とふたりづれって感じがわかってくると、
いろんな謎がスルスルスル~ッと解けて、
いままでしんどかったことがズ~ンと楽になるし、
腹が立ったり落胆したりというような感情のウロチョロがめっきり減って、
まぁなんと形容したらいいのか、
なにをしても気持ちよくスーイスイ、
なにもしなくても気持ちよくてニコニコ‥‥
というような
極楽太平な気分に浸れます。
だからほんとうは、
修行といっても苦しいと決まったもんじゃなく、
それを上まわる心の喜びや肉体の快感が常にあるので、
引き返したいなんて思うはずはないのですが、
心の修行が不十分なうちは、
そこ、よく忘れるんです。
自分とふたりづれなのをコロッと忘れる。
ほんとうなんです。
さっきまでいたつれあいの自分が、
ふと振り向くともういない。
自分の相棒が消えたのに気づかないまま3年すぎた‥‥なんて、
ブラックジョークにもなりませんが、
ほんとうにそんなことになってしまうんです。
特に、
身体が健康で経済的にも恵まれて、
どこからどうみても順風満帆に見えるときほど忘れがち。
うまくいっているときほど忘れがち。
実はいつのまにかエゴに振りまわされているだけの状態に陥っていたのに、
それを「好きなように生きている」「うまくいっている」と勘違いしてしまう。
自らの意志の統括を越えて出しゃばってくる自我さんの動きに
くれぐれも注意してください。
自覚があるならOKですよ。
どうも今日のオレは感度が鈍ってる。
いまから心を整えようにもすでに酔っぱらっているし、
おまけに隣にこんなべっぴんのねえちゃんが座ってる。
もうこのへんで切り上げて家に帰ろうにも、
どうにもこうにも歯止めが効かない‥‥

っていうような情けないケースでも、
自我さんに心が占領されている自覚があるならいい。
それだけで希望はつながります。
全力で自分とふたりづれなのを忘れないようにすると、
どっち向いて進むか、どこまで進むか、
すべて自由なんで、
自分の中の2人でお互いによく話しあってくださいましね。
自我さんの欲望だけに従って生きていくのも大いにけっこう。
‥‥っていうかそれが圧倒的大多数で普通ですから、
ぜんぜんいいんですよ。
商売だって、
自我さんの欲望だけで10年でも20年でも乗り切れます。
で漕ぐだけで大成功できる。
いいじゃないですか。
ただね、それにしたってね、
もうひとりの自分にいっぺんも出会わずに、
ただ儲かってるっていうだけだったらちょっと寂しい。
だから、
とにかくバランスがかなり大切なんだと
わたしはここで申しあげたいわけなんです。
あっちの自分とこっちの自分のバランス。
あっちの道具とこっちの道具のバランス‥‥
ですね。
そのバランスを、
うまく取れないとしても、
最低でも自覚しておきたいんだ、
自覚さえあれば希望はつながるんだとしつこく言いたい。
悲しすぎるのは、
自覚なく自我(エゴ)の言いなりに振りまわされたまま生きること。
他人じゃないですよ。
自分に自分が振りまわされるんですからね、
裁判したって勝てっこありません。
(。・_・。)_・。)_・。)_・。)_・。)
わたし、ヤバかったです。
気づかせていただいて、
ほんとうにほんとうにありがたいんです。
自分のバランスが自覚できるようになると、
他人のことが透き通るみたいによく見えてきます。
因果応報もよく見える。
自分の選んだほうとちがうやり方で生きている人に対して、
とやかく口出しする気持ちなんかぜんぜんなくなります。
否定することほど、
エネルギーの無駄づかいはない
んですからね。
>気楽でしあわせな人生ですよ。

本人がおっしゃってるとしても、
そうではないなとわかることがあります。
それは単に、
自我さんのこじつけだとわかる。
他人との比較では勝てないとわかった自我さんが、
比較を放棄して逃げただけ。
だとしたら残念です。
ただ単にケセラセラを気取っている自我さん。
いろんなものから逃げ出して、
目的も見つけられずにさまよっているだけの自我さん‥‥。
スピリチュアル系な方々の中には、
>風の向くまま気の向くまま、
>これが最高の生き方だーっ!

みたいな目覚め方をして感激される方がよくいらっしゃいます。
それもOKです。
やがていつか、
島にたどりつけるかもしれないし、
たどりつけないかもしれない。
どこにもたどりつけなくてもいい。
イカダに乗って航海を続けること自体が人生だもの。
どこかにたどりつこうとすることのほうがおかしな執着なんじゃないですか
‥‥なんて、
まぁそんな感じで(*^_^*)
あなたは海に浮かんだ小さなイカダ‥‥。
2人乗りのイカダに2つの道具。
他の誰かを
たくさんしあわせにしてあげましょう。
「ありがとう」をたくさん言われる、
そんな人生でありますように。

もうひとりの自分

自分はストレスに弱いと思っている人、
心を整えるのが下手だと自認している人、
は、
自分の中に自分がもうひとりいるという意識
を、
発展させることから
入っていくようにすると理解が早いんじゃないでしょうか。
ふたりでひとり (;・_・)・_・)
一時期
「クリア道」という心の勉強会を盛んに開いておられた
みさきよしのさん
は、
(2重丸)
を描いて
心のしくみを説明されてましたね。
著書の最初にも出てきますし、
「クリア道」のお話し会でも
はじめにホワイトボードに図を描かれてました。
よっぽど大切なんでしょう。
内側のが心の本性で、
その外側に概念や価値観がはり付いているのだという意味です。
そういうはり付いたものも引っくるめて「こころ」と呼んでおられますが、
要は、
太陽(内側の ○ )を覆った雲(外側の ○ )を晴らしていく、
つまり
へ近づけていくのが
クリア道
というわけです。
わたしはクリア道については少しかじっただけですから、
解釈がまちがっているかもしれませんが‥‥
このわかりやすさがすばらしいですよね。
ちなみに、
みさきよしのさんは現役の中小企業経営者、
美容院5店舗(社員数約150名)を経営する会社の社長さんです。
不安や恐怖を強く感じている人は、
それらを感じている自分から逃げようとしないで、
じっくりと、
こころを感じる練習から始めましょう。
不安や恐怖を感じている“こころを眺めている自分”に気づいてください。
すると、
不安や恐怖自体は、
自分ではないことを理解するでしょう。
不安や恐怖感は、
こころが創り出したものなのです。
本当の自分は、
それらを眺めているところに存在します。
みさきよしの「今、ここにしかいないんだよ。」から

こういう言い方が、
とてもわかりやすくって、
若い人たちにもスッと入りやすかったんでしょう。
本当の自分には心配も恐怖も何もないのです

みたいな。
ただしこれ、
のイメージが頭に入ってないと実感できませんよね。
心のお手入れを習慣化するにあたって、
みなさんにまずつかんでいただきたいのも、
この の感触なのです。
中村天風師は、
真我(内側の ○ )とは霊魂(目に見えない気体)であって、
心はその附属用具(外側の ○ )であると言われています。
自分の構造を
「自我」「ハイヤーセルフ」とに区別するのも意味は同じですが、
そういう言い方だと二重丸ではなく、
上下に分けているイメージになりますね。
何をどう呼ぶか、
言葉の定義はこの際どうでもよいとして、
いずれにしてもこの二重構造を理解しておくことが必須なんです。
ほんとうの自分

それを覆っているなんやかんや

2つを区別すること

です。
区別するだけじゃなしに、
外側のなんやかんやを消す(我執を落とす)
ことができたら、
さとりが開けてしまうくらいですから、
じゃ明日からさっそく‥‥
というわけにはいきません。
我執を落とす技術ってやつを
焦らずぼちぼち体得していくことですね。
まずはとりあえず感触だけでもつかめたらいいので。
自分がふたり (;・_・)・_・)
あっちの自分とこっちの自分 (^ω^*))((*^ω^)
どっちがほんとうでどっちがほんとうでないのか‥‥
自分は自分であることにまちがいないのに
ウソもホントもあるもんか‥‥って?
まっ、
それもそうなんですけど、
とにかく字義にはこだわらずに聞いてくださいな。
このあたりの勘所がうまく集約された文章が、
天風先生の著書にあります。
たとえば今までは腹が減ったとか、手足が痛むとか、
発熱したとかというような感覚的のことは勿論、
或は怒り悲しみ恨み嫉みというような感情情念が発生した場合、
概ね多くはそれを直ちに自己の体が痛むとか私は腹が立つとかと考えていたのを、
今後はそれを自己の生命の附属用具である心がそう感じるので、
則ち自己(真我)にはそう云う事態が発生しているのではなく
  **
心がそれを感じるのであると、
丁度第三者の動静を看るようにすべての心的作用や心理現象を思量する
という意識観念を習慣づける
  **
こうした意識観念を確立して自己を統御すると、
正確に心理に順応する完全統御を頗る行い易くなるのである。
  **
本能心や理性心から発生する心的作用や心理現象を、
矢庭にそれを自己本体の意念のように速断して、
徒らにこれに捉われて苦悩して居たという軽卒からどんなに自己を救い得るか分からぬからである。
実際多くの人々は真我の家屋や着物ともいうべき生命用具である心や肉体に余りにも捉われ過ぎている。
そしてその不必要なものにもなお纏綿と執着をもって、
人生苦を我から物好きにも増大している
  **
(そこで、一日のうちで適当な時間を選んで心を鎮める習慣をつけていくと)
人に依って早い遅いの相違はあるが、
やがて暫時にして心の複雑な活動が止む時が来る、その時である。
心の活動が止んでもそこに一つ厳として自己存在の意識だけが残留して居る事を自覚されるに違いない。
判り易くいえば「われ在り」という意識だけは絶対に消滅しない。
そしてこの意識を例え朧気にでも自覚し得れば、
自己(真我)というものは、
心よりも又肉体よりも超越して居る一実在であるという意識観念が自然と確立され、
諸君は悟入自覚という精神的進歩の第一階級にその第一歩を踏み入れた事となる。
そしてこの意識観念確立の程度に伴って
益々自己(真我)の正確な自覚感に鮮明の度を加えて来る事になる
  **
(この過程には相当の努力が必要となるが)
その時決して無理に心の錯綜混乱を抑制しようと焦慮してはならない。
即ちしばらくは心の成り行きに任せて悠々乎として心の秩序なき活動力の止むのを俟つに若かずである。
時には奔馬ただならずというような始末におえない程乱脈な状態で複雑多端に活動するかも知れない。
然したとえ心が如何に騒ごうとも些かもこれに懸念することなく寧ろ平然たるべしである。
そうすれば遂には心それ自身力尽きておのずから静止するに至る時が来るものなのである。
無論最初の間は相当の時間を要するかも知れないが、
然し漸次実行の回数を重ねるにしたがい、
遂には随時随処自由自在に心を鎮める事が容易に出来るようになる。
そしてこの実行を長期に亘って繰り返して実修していると、
いつかは真我の本体もハッキリと認識し得るようになる。
そうなるともうしめたもの
  **
進んで宇宙の大本体と真我との関係が分り、
同時に生命の力(Vril)と心との相関々係も明瞭に諒解し、
結局真我と宇宙の絶対とは果然合同し得る崇高なものだという
人生哲理の真諦を確実に把握し得るに至る
中村天風師「研心抄」より

もうこれ以上うまいぐあいに
「真我」「それ以外の附属用具」の関係をうまく説明した文章は
なかなか他に見あたらないのですけれど、
いかんせん日本語が古くて漢字も多いために、
判読がちょっとむずかしくなっているのが残念ですね。
わたしのこのサイトの役割として、
そこを可能なかぎり現代的な雰囲気に翻訳させていただこうとしていますので、
たよりないですけども、
まずはここの感触だけはどうにかしてハラに入れてほしいんです。
ちょうど同じ内容が口語調で書かれた箇所が、
天風師の述書にありますので、
くりかえしになりますがが引用しましょう。
自分の体が痛いとか、かゆいとか、不愉快だとか、
あるいは腹が立つとか、悲しいとか、恐ろしいとかいう感覚や感情、
そのどれでをも、
今後はだよ、
たとえば腹がへった感じであろうと、
あるいは痛みであろうと、
怒りや悲しみや憎しみというような一切の感情を、
ちょうど自分以外の人が感じているように、
客観的に考えるようにしろっていうんだよ。
まだわからない?
もっと噛んで含めるように言おうね。
自分の腹が痛いのを、
隣のおばさんの腹が痛いように感じなさいっていうんだよ。
鳩が豆鉄砲くらったような顔して私の顔見てるが、
よく考えなさい。
ここが難しい哲学なんだから。
感覚とか感情とかいうものは、実は実在意識がそう感じるからそう思うのですよ。
いいかい。霊魂という気体には、
そういう事実は少しも感じてないんだよ。
痛い、かゆいというのは実在意識が、
神経を通じて実在意識にそれを感じせしめているから感じるだけで、
感じなければ思わないんだから。
  **
さあ、この人間の心理現象のなかに存在するデリケートな消息を考えると、
いま私が言ったように、
すべてを客観的に考えるという特定意識を習慣づけなさい。
言葉が難しい?
何でもいいから、
自分のことを第三者の立場に立って考えるように習慣づけなさいっていうんだよ。
すると、
心の統御上、
まったく格段の相違ができてくる。
私がこうやってあなた方に話をしているときに、
「ああ、天風が今ここで一生懸命こういうことをしゃべってるわ」
と、
もう一人の自分が脇で見てる気持ちでおしゃべりしてるんですぜ。
こういう心がけを実行すると、
自分の生命の道具である心や肉体と、
ほんとうの自分とを混ぜこぜにしなくなるんです。
いつも截然としてほんとうの自分をぴたりと守って、
心を積極的に完全に生きられるようになれるんだよ。
実際ですよ、
こうした特定意識で人生に生きてこそ、
いつも頼もしい積極的な人生に生きられるんです。
そしてほんとうの幸福なものになれるんです。
中村天風師「成功の実現」より

自分の中にある な二重構造のうち、
なんとかしたいのは外側の○だってこと、
つかんでいただけましたでしょうか。
  • 手放す
  • 溶かす
  • 消す
  • 相手にしない
  • 関わりをつけない
  • 止める
  • 解放する
  • 落とす
  • 浄化する
  • 掃除する
  • クリアになる
  • ブロックをはずす
  • 「いま、ここ」に在る

‥‥等々、
表現はともかく、
要は外側の○をなんとかすればいいんです。
100万も200万もかけなくても、
なんとかなるんです。
そしてやっぱり宇宙へつながってゆく‥‥
ってことがわかればいい。
その方法も、
ちゃんと教えてもらえるんですからね =*^-^*=
心が目で見えるようになるんですからね =*^-^*=
最後にもうひとつ、
忘れてはならない天風師の言葉を同じく「研心抄」から。
かえすがえすも践行の効を見るに急なる勿れである。
要は忍耐と不撓の努力とで丹念に繰り返される正しい瞑想を行ずるにある。
そうすればいつかは諸君の感応を通じてその意識に手答えある震動は与えられ、
やがて来るべき自然の会得を拓く鍵を把握し得るは必然である。
従って所詮は一意践行の功を積む事に依って
諸君の霊魂(真我)から諸君の一段高い心境への至妙の囁きを待つ事のみである
中村天風師「研心抄」から