HOME > 心のお手入れをサボらないために > 1-心の入り口 > かなり大切な原則


▼スポンサーリンク▼

 

かなり大切な原則

ぜひ覚えておいてもらいたい原則がひとつあります。
なにをするにもほんとうに役に立つ原則ですから、
マスターして活用していただきたい。
従わなければ弱めることができる
──(ё_ё)?
それだけなんですけど。
自分の心の奥のほうで
消極的なエネルギーが生まれたとしても、
それに従いさえしなければ弱めることができる。
やがては消える。
せっかく積極的なエネルギーが生まれても、
それに従って感情を奮い立たせ、
行動につなげることができなければ‥‥
また弱まってしまう。
この原則を、
心理学の見地からていねいに解きほぐしてくれている名著として、
ジョージウエインバーグ(George H. Weinberg)
というアメリカの心理学者が書いた
Self Creation
があります。
「自己創造の原則」(翻訳:加藤諦三)という邦題で日本でも紹介されましたが、
いまは絶版になっているみたいです。

ウエインバーグのいう「自己創造の原則」とは──
あなたは、
どのような動機となる考えも、
どのような感情も姿勢も信念も、
それらを強める結果をもたらす行動をやめることによって、
弱めることができる

──というものです。
これだけの要約では、
さっぱり伝わらないかもしれませんが、
最初にこの原則を知ったときは驚きました。
ふつうは、
怒りや悲しみの感情がに起こって、
それにもとづく行動がから続くとわたしたちは思っていますよね。
目的達成の手段として感情をつくりだしているのだとしても、
とにかく感情がで行動が
たしかにそれはそうなんですが、
実は後に続く行動によって、
その手前にあった動機を強めたり弱めたりすることができるんだ、
すなわち、
感情も結果的にコントロールされうるんだ、
という
順序なんです。
わたしたちは感情に従って行動しているように見えて、
実は、
行動することで感情を強めたり弱めたりしている。

たとえば、
みなさんもよくごぞんじの深呼吸──。
ドライブ中に前の車に追突してしまうような怖いめにあえば、
ドキッとして心臓がバクバクします。
頭の中が真っ白になって、
ブレーキとアクセルを踏みまちがったりしてしまいます。
そんなとき、
呼吸は短く浅くなっているはずです。
ヒヤッとしたから呼吸が浅くなって、
指先が冷たくなったりするんですけど、
あわてた心を落ちつけるためには深呼吸をしたらいいことくらいは、
みなさんよくごぞんじのとおり。
>ああ!
>前の車の運転手さんが激怒しているにちがいない!

そんな恐怖心に振りまわされず、
深呼吸することで、
心を落ちつけることができる。
これ、
原則活用のわかりやすい例なんです。
ますますあわててパニックになってしまう人がいる一方で、
従わなければ弱めることができる
この原則を知っておくだけで
人生の半分は救われるでしょう。
けれど、
この素晴らしい原則は、
思考で捉えられる三次元空間だけのものにしておくには惜しいんです。
心の中で起こっている無数の条件反応、
身体の中で起こっている神経反射、
それらを引っくるめたエネルギーの連鎖反応のすべてに、
この原則を当てはめてみると、
ベストな結果を引き出すことができます。
あるがままのわたしたちは、
ただの反射体にすぎない
のですから。
従えば強まる。
原則は反対の角度から言えばそういうことです。
「自己創造の原則」は──
あなたが何らかの行動を起こしたとします。
するとそのたびに、
自分のしたことの動機となった考えを強めているのです


教えていますが、
これも目に見える三次元空間だけのものにしておくのは惜しい。
自分の組成

多重構造の円として捉えてみるとわかりやすくなります。
内側から湧き出ているエネルギー、
外側から刺激を受けて発生したエネルギー、
それらのエネルギーは
中心寄りの円で発生してだんだんと外側の層へ向かいます。
同じベクトルを持ったさらに大きなエネルギーへ、
玉突きのようにメッセージを渡しているかのようです。
いちばん外側の層は意識することのできる思考エリアです。
そこでエネルギーは言葉や態度に化けるのです。
内側からのエネルギーが消極であったり積極であったりしています。
消極とは即ち、
下向きであり、マイナスであり、陰性であり、
否定であり、破壊であり、争いであることです。

積極とは即ち、
上向きであり、プラスであり、陽性であり、
肯定であり、建設であり、平和であることです。

内側で発生したエネルギーが外側へ波及していきます。
そこで、
内側からのエネルギーに外側が従わなければ、
そのエネルギーは弱められるのです。

では、
内側からのエネルギーを弱めるために、
どうしたら
それに従わないでいることができるんでしょうか?

肝心なその問いに答えてみましょう。
まず、
内側で起こっていることを客観的に捉えられることが前提となります。
目に見えず、
いくら思考をはたらかせてもつかまえられない動きを、
もうひとりの自分が見たり感じたりすることです。
それができるようになるために、
心のしくみ、
我とは何ぞや?

学ぶのです。
その手段は、
たとえば瞑想です。
瞑想は、
ほんとうの自分を見つめるには最も効果的な方策のひとつですが、
たとえ見ることができなくても、
見つめようとすること自体がエネルギーを止めることになります。
ダーンと当てられたらワーッとなってウロチョロする習慣を止める方策として、
心を見つめるという新たな習慣で置き換えましょうよという話
なのです。
意識を、
内へ内へ、奥へ奥へ。
感じること、 感じ尽くすこと。
魂の囁きに耳を傾けること。

それにはまず、
原初のエネルギーを知らねばなりません。
中心には何があるのでしょうか。
真ん中にいるのが真の自分です。
宇宙と直接的につながっている「気」であります。
ほんとうは何もないのかもしれませんが、
そうだとしたら、
その何もない「空」が自分です。
たとえいちばん奥までたどりつくことができないとしても、
より奥へ進む過程に意味があります。
深層と表層を行き来するエネルギーの連鎖パターンを、
感じとることができ、
見渡すことができ、
原則を理解することができれば、
どんなエネルギーでもコントロールすることが可能になります。
どんな言動でもコントロールできる。
一般的に、
動機となる想いと行動とのあいだに多くのステップがあるものほど、
コントロールは容易だといえます。
が、
バンと当たられて「わっ!」と叫んでしまうような
極めて短い反射行動でさえ
コントロールすることが可能
です。
中村天風師の生み出された「神経反射の調節法」は、
西洋の科学をあらゆる意味で凌駕する哲学を織り込んでいます。
顕在意識の届かない
奥深いところで起こっているエネルギーの流れまで止められるのが、
クンバハカ密法の真価です。
エネルギーには感じ尽くしたら消える性質があります。
じっと見つめていれば溶けてなくなるんです。
そのプロセスでは、
思考をはたらかせず、
言葉にしないことが大切です。
その要諦はつまり、
最後の最後までエネルギーに従うなということなのです。
ごまかさず、逃げ出さず、はっきり向きあい、
なおかつ従わないことを選べということです。
──理屈は、
まぁ、ざっとこんなとこでしょう。
>軽くスイングして芯に当てれば球は飛ぶよ。
‥‥っていう話です。
が、
話を聞いて理屈でなんとなくわかっただけでは球は飛びません。
くれぐれも肝心なのは実践であり、実感です。
実践して実感すること、
実感することを実践すること。

習慣にして毎日まいにちくりかえし、
細胞が勝手にやってくれるようになるまで続けること。
それに尽きます。


▼スポンサーリンク▼