HOME > 社長になりたい若ゾウたちへ > 3-とらわれない生き方 > お金は不要


▼スポンサーリンク▼

 

お金は不要

お金は必要ではありません。
したくない仕事なんてしなくても、
ちゃんと生きていけますよ。

──と、
こんなことを言うとね、
ただでさえ向上心や競争心のないゆとり世代の若ゾウくんたちが、
ますます働かなくなってしまいそうなんですが‥‥
でも、
半分以上はマジに言ってます。
お金が必要だと強く思いこみすぎているために、
かえってお金の苦労を増やしてしまっているタイプの人たち
のための、
これ、
パラドキシカルな対処法のひとつですから。
少なくともわたしの経営する会社は、
わたしがこう言い始めてからずっと黒字ですし。
ハナっからお金の苦労を知らないクソ生意気なだけのスネかじり小僧くんたちは、
こんな話、
忘れちゃっていいんですけどもね。
お金は必要じゃなくても気持ちのほうはかなりのものが必要なんですから
誤解のないように。
さて(。・・。)
人々を苦しめている価値観のうち、
もっともポピュラーなものがこれ、
お金が必要だ
という価値観です。
あなただってきっと苦しめられた経験がありますね。
>お金がなければいまの生活水準が崩壊する!
>家族はどうなる?!バラバラだ!
>あいつより収入が少ないなんて社会人として敗北だ!

といった思いこみです。
お金が足りなくなる状態を恐れているんですね。
独立したくても独立できない人の ほとんどが
この恐れに打ち克てない人なのです。

サラリーマンをやめたくてしかたがないのに、
お金が足りなくなる状態が怖い
年収の約3倍の貯金があって、
1年や2年で生活が破綻するはずがないのに、
やっぱり怖い‥‥。
恐れるもなにも、
いま現に借金苦でお金が足りてなくて、
朝から晩まで忙しく働いている人がいる。
そんなにしんどいならやめちゃったらいいのに‥‥というわけにはいかない。
やっぱり怖いんです。
気休め程度の収入があったとしても、
それがいつまでも続く保証はありませんしね。
お金のないのはみじめなこと‥‥と思ってますよね。
重々承知ですよね。
もうすでにたっぷりその恐怖と闘ってきましたか。
それとも、 しっかり向きあってきましたか。
これまで比較的きれいにお金を稼いできたあなたも、
さすがにお金が必要だという価値観と向きあうことになろうとは、
思いもよりませんでしたよね。
あなたを独立へと駆り立てる動機の中には、
自分だめしの欲求が入っているんじゃないですか。
あなたは自分の実力を試したい、
自分を鍛えて自分を強くしたい、と。
だとすれば、
ぽ~んとひとりで市場に放り出されたとき、
自分が食っていけるかいけないか、
それが勝負の分かれ目のように感じられるはずです。
だからお金なんだと。
お金が大事なんだと、
あなたは自分に言いきかせているでしょう。
自分に圧力をかけて、
お金がターゲットなのだとエゴに認めさせたのです。
>大切なのはお金ではないのだよ。
と、
そのとき神様がささやいてくださっても、
あなたはあえてそれを無視するでしょう。
それは、
事業に失敗した負け犬が言い訳に使うセリフのように思えるからです。
お金はあなたにとって、
まちがった自己実現の道具なのかもしれません。
いい家に住みたい、いい車に乗りたい、
いいものを食べたい‥‥、
同年代の若ゾウよりも輝いていたい。
そのための道具なのです。
けれど現実は、
道具にこき使われていることになるんですけど‥‥ね。
そもそものスタートラインの価値観が自己中心的なら、
それに立脚して組み立てられた生活がぐらぐらするのも当然ですもんね。
しょせん砂上の楼閣なのです。
でもねぇ‥‥
いいと思いますよ、
いまはそれでも。
お金に固執することなく、
独立して会社を維持できる経営者がいたとしたら、
千人にひとりか1万人にひとりの大した逸材です。
そういう逸材じゃないとすれば、
はじめは理屈抜きで、
お金に固執するのもいいでしょう。、
お金がないのはみじめ。
貧乏は不幸。
そう思っていい。
だから、
お金が足りなくなるのを恐れるのは自然なんです。
恐れるな‥‥とは言いません。
恐れがあるなら認めること。
じゃあどうしろっていうんだっていうのではないのです。
恐れている自分に気づき、
観察すること。
そして、
いずれこの価値観を手放すこと。
手放すとは‥‥??
お金は必要ではない
──そう信じることです。
頭がおかしいと思われるかもしれませんけどね。
ましてやこれから会社経営をやっていこうとする若ゾウが
そんなことを信じていいのか。
まだなんの実績もないのだし‥‥と、
自分でもおかしい感じがしますよね。
けれどやっぱりお金は必要ではない。
お金が必要なのではない。
そこを起点に人生を組み立て直してみませんか。
「好きなことばかりやっていたら、生きていけなくなる」。
「自分が意気地がない」。
彼女と仲良くしたい」。
「人に迷惑を掛けたくない」。
そんな一つひとつを、
是非紙に書き出してみてください。
そのうち「もうこんな想いは必要ない」と想えるときがきます。
「仕事を辞めても生きていける‥‥」。
こう思えないだろうか。
そうだ、辞めたって生きていけるじゃないか!」
と思えたとき、
そこから現実は変わり始めます。
  * *
この三次元世界はパラドックスの世界です。
変える必要などないのだと解ったとき変わりはじめ、
しなければならないことなど何もないと解ったとき、
最も行動的となります。
お金など必要ないとわかったとき、
あなたにお金が集まり始めます。
感情を押さえつければ押さえるほど人はますます激情家となり、
感情を起きるにまかせて感じているとだんだん穏やかになってきます。津留晃一「多くの人が、この本で変わった。」より
もしあなたが、
この大いなるパラドックスを100%信じるなら、
真理だと確信できるなら、
あなたの所得はいまより増えるでしょう。
あるときあなたは、
あなた自身の意志でお金をターゲットにしました。
当時の自分にはそれも必要なことだったと思うことにしましょう。
お金のために働きはじめ、
お金のために汗を流し続けました。
お金のために雨に濡れ、
眠い眼をこすり、
頭を下げ、
ヒヤヒヤしました。
けれどそのゲームはもう終わりにしていいんです。
そのゲームには勝ったことにしてください。
多少の借金はあるにしても、
いま現にこうやって命があってネットでつながってわたしのメッセージを読んでいられる。
じゅうぶんにラッキーでハッピーでクッキーにポッキーです。
これからはもうお金がターゲットじゃない。
ほんとうの自分がわかればターゲットもわかります。
考えなくてもわかる、
というか、
考えずに出てくるターゲットがほんとうのターゲットだというか。
けっきょくリッチになるならオッケーなんですよね。
いちいち求めなくてもいっぱいあるもの、
それがお金‥‥ならいいんですよね。
源が教えてくれるような感覚です。
だから、
そういう気分にもならないうちから社会のために尽くそうと焦る必要もないのです。
あなた自身の心の中に、
不安や恐怖がまったくなくなると、
あとは他人のことしかない、
けっきょくそうなるしかないという順番です。
ありがとうございます。


▼スポンサーリンク▼