HOME > 心のレスキュー隊に猶予はない > 3-自分の復元 > 好かれる努力はやめなさい


▼スポンサーリンク▼

 

好かれる努力はやめなさい

好かれる人間になりなさい
──このアドバイスには何の問題もないように思えますね。
あたりまえすぎて、
なかなか反論しにくい。
でもわたしはあえて疑う。
あなたはもしかしたら、
他人から好かれようとして生きてはいけない人かもしれないよ。
好かれるために

優先して生きてきたために、
ほんとうの自分

見失ってしまった可能性はないか。
強く疑う。
あなた自身も検証してみてほしい。
自分本来の汚さにフタをして、
どこかでウソをついていないか。
そんなんなしに
みんなから愛されてる(^o^)
としたら、
とってもけっこう。
結果としてそうなることはもちろん大切。
でもそれを、
直接的に追いかけることには落とし穴がある
ってことに気づいてほしい。
かなり大切な原則をいつも思い出してほしいんですが、
あなたの「好かれたい」という切実な願望の裏側に、
「あるがままの自分では好かれない」という恐れが巣くってはいないか?
失恋だって、
一発でトラウマになる危険性はあるのだし。
恋人いない歴が3年を超えてくると、
焦らないほうがおかしい。
モテるためにあれこれ悩むのがあたりまえだ。
そのとき、
自分ではない何者か

演じ始めることになる。
成長するってそういうことじゃないの?
と、
勘ちがいしたりする。
いや、それも一種の成長なんだが、
あるがままの自分を否定する方向へ進んだとき、
ほんとうの自分
にとって
寂しい人生が始まることになる。
多かれ少なかれ、
こういった分裂は誰にでも起こります。
しかも無意識に起こる。
しかし半分くらいの人は、
たいした補正──他人から見える人格上の修正──なしに、
他人から好かれるという現実

手に入れることができるので、
コトの重要性に気づくことなく大人になっていきます。
そして多くの場合、
もうひとりの自分だのほんとうの自分だのさとりだの、
そんなややこしいことと無関係に死んでいきます。
それはそれでおめでたいこと。
好かれよう好かれようと努力しても、
むしろ努力すればするほど、
むなしく嫌われて、
避けられたりいじめられたりして傷ついてきたあなたは、
むしろ幸運だったかもしれない。
本来あるがままの自分とは別の何者かを演じる、
その努力を放棄するチャンスに恵まれたからです。
どうせ何をやっても好かれないなら、
いっそ地の自分のまま生きてやる

と、
開き直れたとしたらそれがしあわせ。
ブサイクなあなたを祝福しよう。
そこそこまわりに好かれたおかげで
いつでもほどほどにしあわせだった人たちよりも、
よっぽどしあわせだ。
誰からも好かれなかったほんとうの自分を、
少なくとも、
あなた自身は愛してあげてください。
寂しかったと思うんだ。
注目されることもなく、
もしかしたらフタされて隠蔽されて置いてきぼり。
求人/採用/神戸 でももしあなたが、
ちゃんと向きあって受け入れてあげて、
自分の復元

成し遂げられたなら、
きっとその日から魅力的な人として生きられる。
あるがままに生きるというのは、
誰にでもできることではないのですよ。
ずっとうまくいっているように見える人ほど、
人生のどこかのステップで、
ほんとうの自分ではない誰かの仮面をかぶってしまっている。
仮面どころか、
社会的地位のある人なんて、
全身鎧(よろい)で覆われている人もいる。
>あんた、ほんまはどんな人ですの?
って尋ねても、
質問の意味すら通じない。
そんなんで「社会的に立派な人」ってことになっても、
どうもウソくさいじゃないか。
あなたが好かれようとするとき、
まわりの人に喜んでもらおうとするとき、
社会のために役に立とうとするとき、
根っこにある動機を必ずチェックしてほしい。
嫌われるのが怖いから‥‥?
いまの地位を失うのが怖いから‥‥?
自分が何者でもなくなってしまうのが怖いから‥‥?

そんなふうな恐れがちょっとでも見つかったなら一旦停止だ。
恐れを大きくしてしまわないために立ち止まってほしい。
(みなもと)に還る
──そんな意識に切り替えてほしい。
もうひとりの自分としっかり二人三脚、
置いてきぼりにしてないならいいんだ。
好かれるように、好かれるために、
まわりの人が喜ぶように振る舞っていい。
でも、
ほんとうの自分を忘れてきちゃったあなたは、
まわりに振りまわされないことのほうが大切なんです。
自分中心に生きてください!
──っていうか、
自分を大切にしてください。
けっきょくのところ、
自分を愛せない人は他人も愛せないっていうでしょ。
結果として好かれたらそれでいいんだし、
自分を愛せる人は他人からも愛されるようになっている。
あるがままに生きるあなたを攻撃する人があらわれたとしたら、
その人自身があるがままに生きることを知らない気の毒な人だ。
──というわけでわたしは、
ある人に対しては、
>まわりに喜ばれることをやりましょう!
と言っておきながら、
別の人に対しては、
>まわりのことより自分を大切にしなさい!

バラバラで矛盾したようなアドバイスをすることになります。
なのでこれを、
いつものようにパラドキシカルにまとめますと──
人に好かれたい人は人に好かれようとしてはならない
‥‥っていうオチになるのです。


▼スポンサーリンク▼