HOME > 経営指針書の磨き方と活かし方 > 5-中期計画と未来予想 > 数字に強くなって利益計画表を作ろう


▼スポンサーリンク▼

 

数字に強くなって利益計画表を作ろう

経営指針のセミナーに何度も参加していて
しばしば耳にするのは、
前半の経営理念や事業分析のところはいいんだけれど、
数字のところになったら急にわからなくなるっていう声です。
>あなたはなんのために会社を経営してますかぁ?
>どんな会社にしたいですかぁ?
>10年後の売上はいくらくらいになってますかぁ?
>社員は何人くらいまで増えるでしょう?

‥‥なーんていうテーマでは
頭から湯気ポッポでヒートアップしてた人が、
>じゃあ利益計画表を作ってみましょう!

なったとたん、
いきなりショック死状態で、
ピクリとも動かなくなってしまう。
あれ?
どうしたのかな?
ツンツン    ←からだをつついてみる
。 。 。 。   ←無反応(死んだふり?)
‥‥みたいな。
あの‥‥ですね、
ままごと遊びじゃないんですからね。
事業を大きくする夢を見るのは自由ですけども、
それを実現するためにはカネが動くんですよね、
カネが。
仕入れたり売ったりするんですよね。
なんぼほしいんですか?
(ё_ё)?
あ、
ところであなたは
数字に強いですか?
決算書をパッと眺めただけで、
たちまちその会社の経営課題が見えてくるというような強者もごく稀にいますけど、
粗利(あらり)とか販管費(はんかんひ)とか経常(けいつね)とか、
日常会話に出てくる言葉の意味くらいはわかります?
そんなことを何も知らずに、
ヒット商品のアイデアひとつで儲かるって思いこんで、
親兄弟からダンナからパトロンからお金をかき集めたところまではいいけれど、
あっというまに元手が底を突くと「だまされたーっ!」って泣きベソかいて、
なんでもかんでも人のせいにしている夢見る夢子ちゃん‥‥
と、
いくらも変わらない新米起業家が実際にたくさんいますもんね。
‥‥コワいわ(ё_ё)
とかなんとか言ってますが、
そういうわたしも、
けして数字に強いとはいえません。
よろしいか。
このキクゾウは自慢じゃないが、
クラウドERPをひとりでつくってしまうくらいのド変態ですから、
売上や仕入や経費を入力したら月々の試算表が作成される
っていう会計メニュー部分のプログラムも自分で書いたりします。
簿記一巡の手続きなんて当然のように頭に入っているし、
どんな取引をしたらどういう仕訳になるかもわかるし、
自社の決算書は自分で作ります。
高校時代も数学がいちばん得意でした。
でも、そんなわたしでも、
数字に強いかというとそうではないんです。
だったらいったい数字に強いってどういうことか。
会計法規なんていくら知ってても関係ないし、
電卓パカパカ叩くのが速いっていうだけではぜんぜんダメ。
まずひとつにはパーセントの変換に鋭いこと。
つまり、
に強いってことがいちばんなんです。
右脳で答が絵になって見えてるっていうか、
決算書が色分けされて面積で浮かぶっていうか、
催眠術にかかりやすいタイプっていうか、
暗算を超えた領域でパッとわかる。
そういうのはなかなかマネができないのですが、
訓練の方法はありますので、
数字に強くなることをこのサイトの目標に加えておきましょう。
ま、
今日のところは初級編なので、
ここまで読んだあなたよりは、
たぶんわたしのほうが数字に強いっていう前提で話を進めます。
数字に強くなるための第一歩を、
決算書になじむことからはじめましょう。
決算書からパッパッと数字を拾って、
利益計画表がピシッと作れるようになること。
半年がかりで経営指針書を完成させたのはいいが、
よく見たら利益計画表が入ってないっていうパターン、
非常に多いです。
作ったんだけれども見せたくない
っていう人も多いです。
>次回は経営計画書の作り方を学びますので、
>自社の決算書を持参してください。

って言われても持ってこようとしない。
せっかくまわりに経験豊富な先輩経営者がたくさんいても、
これじゃいいアドバイスが集まりません。
>ウチの数字がよそに漏れたらたいへんなことになる!
って憤慨される方も多いんですけど、
あなたがムキになるほど、
たいへんなことはきっと起こりませんから、
とにかく数字を怖がらないでいただきたい。
そしてこれからは、
漏れてもたいへんなことにならない経営をやりましょうよね。
数字が苦手なのはあなただけではないのでご安心を。
けっこう羽振りよく儲けている会社のオーナーさんでも、
数字がわからない、
決算書も読めないっていう人はたくさんいます。
中小零細の社長は数字がわからない人のほうがむしろ多い
>だったらアタシも
>わかんなくっていいじゃーん(*^_^*)

‥‥って、
そこまで安心してはダメです。
ギャンブルみたいな商売を続けていくつもりならそれでもよろしいが、
なが~く儲けたいんだったら数字がわからないと話になりません。
数字から逃げないこと
はい、では、
いますぐ机の上に決算書を出してください。
パソコンに入ってていつでもスッと開けられるあなたはそれだけでかなり優秀。
「決算報告書」と書かれた表紙の他に数枚の書類がありますね?
必ずその中に次の3つの書類があります。
貸借対照表(BS)
損益計算書(PL)
株主資本変動計算書(SS)
このうち
株主資本変動計算書
なんていうのは、
わたしが起業したころには作らなくてもよかったのに、
2006年に新「会社法」が施行されてから、
これも出しなさいってことになった。
ま、大半の中小企業の株主は社長と社長の身内ばっかりでしょうから、
意味なんてまだ理解できなくてもいい。
キャッシュフロー計算書(CF)
っていうのを作っている会社もあるかもしれないが、
これも要らないもんなので入ってなくてもいい。
製造原価報告書
っていう書類は製造業にかぎり入っている。
これはかなり大事なもの。
販売費および一般管理費明細
みたいな書類もあるはず。
損益計算書に載っている合計額の内訳が書いてあるものだが、
内訳とはいえけっこう大事。
さあ、
この中で特に大事なのは上の2つ、
すなわち貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)がぶっちぎりに大事。
その2つに比べたら、あとの書類はどっちでもいい。
(どっちでもいいというのは、
学びの順序からするとさしあたりどっちでもいいという意味で、
そこに書いてある数字がどっちでもいいというわけではありませぬ。)

BSとPLの見方がわからず、
そこからどうやって利益計画表に数字を写したらいいかわからないとなると、
経営指針書づくりは行き詰まります。
ここが初級編の第一関門なんです。
経営指針作成の手引きをお持ちの方は、
第3~4章に利益計画表のサンプルが出てますので、
こんな感じの表をエクセルかなんかで自社用にアレンジしたものを準備してください。
そして決算書を広げて、
かわりばんこに見比べながら数字を写して(移して)いく。
そうするといきなり
>どこにどの数字を入れたらいいかわからんっつーの(-_-#)!
ってことになりますよね?
はい、そうなんです。
それ、フツウの反応なんで、
焦らないでください。
「売上高」とか「外注費」「減価償却費」みたいに、
決算書と利益計画書で同じ言葉が使ってあったら誰だって写せるのに、
「人件費」とか「その他経費」とか、
そのまんまじゃ写せない数字があるからショック死してしまうんですよね。
まあそう死に急ぐでないぞ。
変動費とか固定費とかいう言葉も出てくるが、
これは専門家でもなかなか解釈がむずかしいのじゃ。
ゆえに、
おまはんらがわからんのも無理からぬことなのじゃ。
逆にいえば、
まだわからんでもよいってことでもあろう。
(むずかしくなってきたから、
むずかしそうにしゃべっておるのじゃがな。)

深く学びたい御仁にはMG(マネジメントゲーム)をおすすめしておるが、
意味を理解するのはあとまわしにして、
ここではとにかく利益計画表の空欄を埋めるようにしようかの。
たとえば「人件費」は、
販売費および一般管理費明細
に書いてある費用内訳のうち、
役員報酬、給料手当、法定福利費、福利厚生費といった
「人」に関わる費用を足し算したものとなる。
会社によっては、
臨時雇賃金、退職給付費用、通勤費などの費目があるかもしれないが、
これも足す。
このように利益計画表には、
決算書から単純に「転記」すればいい箇所と「計算」して写す箇所があるってことを、
ここで学んで知っておこう。
それだけでショック死のリスクはかなり軽減される。
「その他経費」もクセ者じゃな。
さっきの「人件費」の足し算がわからんくらいじゃと、
その他がどの他なのかさっぱりわからんじゃろな。
ここにはな、
「販売費および一般管理費」の合計から、
さきほどの「人件費」「減価償却費」を引いた残りの数字を入れるんじゃ。
なぜ減価償却費(げんかしょうきゃくひ)っていう科目が、
他の経費とちがう特別な扱いになるかわかるかの?
おお、そうじゃ。
大きな買い物をしたときのお金について、
実際に使ったときにドーンといっぺんに損金で落とすんじゃなしに、
何年かにまたがってちょっとずつ計上するという特別なルールがあるからじゃな。
はてさてところで、
「経営指針作成の手引き」に出ているフォームでは、
「付加価値」っていう欄があるが、
これはどういう意図なんじゃろうな?
中小企業家同友会は「付加価値」っていう概念を好むのであろうか。
この欄は製造業でも「売上総利益」と書き換えたほうが、
世間一般の感覚からするとわかりやすいかもしれんのにな。
「営業利益」の欄がないのもわかりづらいな。
なるべく決算書に近づけておくほうが先々も助かるんじゃから、
変動費とか固定費なんていう言葉も使わんほうがよいかもしれん。
なんとまぁ、
ひとすじなわではいかんことよのぉε=( ̄。 ̄;)
製造業の諸君はさらに気の毒じゃぞ。
原価計算
という難関が待ち受けておるからな。
この原価計算というものには、
全部原価計算(FC)と直接原価計算(DC)
という2つの方式があって、
利益計画表の作成にあたっては、
この2つちがいをあるていど理解しとかねばならん。
(理解できてもできなかったとしてもな、結論から言うとな、
利益計画は直接原価計算でやれってことなんじゃがの。)

同じものを同じように仕入れて同じように作って同じように売っても、
どっちで計算するかによって営業利益が増えたり減ったりするというんじゃ。
いくら儲かったのかわからんってことじゃ。
さあ‥‥これを、
諸君にわかるように教えてさしあげるだけの技量がワシにあるかどうか‥‥。
ない‥‥かもしれんが今回はそこまで踏みこまん。
ワシの宿題にしておこう。
(ё_ё)
では‥‥今日は最後に、
もっともっと基本的なところで、
貸借対照表損益計算書のわかりやすい話をパッパッとやっとく。
この2つの、どっちも大事な書類のうち、
どっちかっていうとどっちが大事か、
キミにわかるかな?
(急にエラそうにしゃべりだしてすまんがの。)
貸借対照表(BS)は、
ある時点(何年の何月末とか)における、
会社の財務状態を示すものだ。
貯金がいくらあって借金がいくら‥‥って書いてある。
損益計算書(PL)のほうは、
ある期間(何年何月から何月まで)における、
お金の出入りを示すもの。
いくら売っていくら払っていくら残ったか‥‥がわかる。
つまりPLなんて、
しょせん短い期間だけのことしか書いてないんで、
最近がんばってるかどうかはわかるけど、
長い人生トータルした結果としてけっきょくどーなん?
っていうのはBSのほうを見ないとわからないわけだ。
だったらなんとなく貸借対照表のほうが大事じゃね?
これをダイエットにたとえていうと、
(なにもダイエットにたとえなくてもいいかもしれないけど、)
先月1か月であんたがどんだけ食べて運動して太ったか痩せたかが書いてあるのがPLで、
ほんでけっきょくいま何キロになったのかが書いてあるのがBSってわけ。
ダイエットにたとえたついでに言うと、
会社が儲かってないときって、
数字を見るのがつくづくいやになるんですけど、
そこもダイエットと同じですよねー。
ダイエットが順調で体重がちょっとずつ減ってるときってのは、
今週は何キロ減ったか、今日は何グラム減ったか、
気になってしかたがなくて何度も体重計に乗りますよね。
あの達成感がたまらなかったりしますよね。
ところがだんだんダイエットが苦痛になってきてサボりはじめると、
つい食べすぎたり飲みすぎたり。
そんな日が続くと体重計に乗るのがいやになりますよね。
あーっ!
もう知りたくない見たくない!
──って。
それといっしょなんです。
経営者たる生き物、
悪い数字はとにかく目にしたくない。
なにもかも忘れたい。
だから仕事に没頭するふりして忘れようとする。
そこんとこ、
わかっていただけますよね。
あっ、
だからってね、
数字に弱いっていうのをそのままにしちゃあいけませんよ。
ダイエットも経営も、
もうちょいがんばろうってことですよね ̄O ̄)ノ


▼スポンサーリンク▼