HOME > 経営指針書の磨き方と活かし方 > 3-こんな会社にしたい >

重要成功要因を書き出す

誰でも、自らの強みについてはよくわかっていると思っている。だが、たいていは間違っている。わかっているのは、せいぜい弱みである。それさえ間違っていることが多い。しかし何ごとかをなし遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない。できないことによって何かを行うなど、とうていできない。P・F・ドラッカー「プロフェッショナルの条件」より

つい先日、
経営指針づくり勉強会の中で、
重要成功要因

書き出すというワークがありました。
経営指針作成の過程では、
ほんとうにいろんなことを書かされますね。
成文化っていうくらいですからね。
書く
っていう作業がとにかく大事なんです。
記録的な猛暑の中、
みなさんほんとうに熱心です。
今後の事業の発展を願わずにはおられません。
ところで、
あれこれいろいろ書くのはなんのためでしょうね。
今回のテーマは「自社を知る」なんですけど、
経営指針書づくりの全体を通して、
自分(自社)の「強み」を見つけるということが、
いちばん肝心な目的だとわたしは思っています。
そのくらいわたしたちは、
自分自身の「強み」についてよくわかっていません。
特に日本人は謙虚で自己卑下の大好きな民族ですしね、
わかった気になっていてもまた見失う。
ですから、
「強み」を知ること自体が競争力になるんです。
SWOT分析
っていうのはごぞんでしょうか。
  • 強み-Strengths
  • 弱み-Weaknesses
  • 機会-Opportunities
  • 脅威-Threats


4つの単語の頭文字をとってこういう名前がついているんですが、
自社あるいは自分を知り、
実効性の高い計画を立てる上で極めて有用なツールです。
経営指針作成の手引きの中にも、
よく似たことを書かせるシートがあります。
第3章「経営方針」の中の4「経営戦略をたてる」にある、
「事業戦略を考えるシート」というのがそれです。
このシートは
  • 環境・市場の変化
  • お客は何を望んでいるか
  • わが社の持ち味
  • わが社の弱点


4つを書かせたあとに
  • 経営戦略(どのように個性を発揮するか)


書くという構成になっています。
ここでいう
持ち味
っていうのが「強み」のことですよね。
「脅威」だとか「機会」だとかいうとむずかしくなるので、
質問のしかたを変えてあるわけなんですが、
意味は同じなんだということに気づいてください。
  • 強み = わが社の持ち味
  • 弱み = わが社の弱点
  • 機会 = お客は何を望んでいるか
  • 脅威 = 環境・市場の変化

です。
さすが中小企業家同友会、
いちいち言葉がやさしいんですね。
で、
はじめに戻って
重要成功要因
なんですが、
これも要するに「強み」のことです。
>だったらはじめっからそう言え!
って話なんですけど、
むずかしい言葉がぞろぞろ使われる勉強会に出ていると、
それだけで自分が賢くなったような錯覚が起こることがありますでしょ?
重要成功要因はけっきょく書き出せなかったが、
「CSF」っていう単語は覚えた。

──みたいな。
それが主催者の狙いだったりしますから、
雰囲気にだまされて調子に乗らないように。
重要成功要因は、
CSF(Critical Success Factor)と略されることがあります。
ところが、
KFS(Key Factor for Success)とかKSF(Key Success Factor)
とかいう用語もあり、
どれも意味はいっしょでどれもまちがいではありません。
こんなことは、
よい子のみなさんは死ぬまで知らなくてよろしい(ё_ё)

でもついでなので
コア・コンピタンス(Core competence)
っていう言葉くらい覚えときましょうか。
直訳すると「核となる競争力」という意味で、
これも要するに「強み」のことです。
>だったらはじめっからそう言え!!
‥‥なんですけども、
ぶっちぎりに強い能力を表現するために使います。
とにかくそれもこれも
強み

見つけるため。
手を変え品を変え、
あなたが見失ったあなた自身の「強み」を、
どうにかして見つけてもらいたいがためなんですね。
で、
重要成功要因を書いていただいている最中に、
ちょっときいてみたんです。
>はい、この中で、
>自分は成功していると思われる方、
>手を挙げてみてください。

と。
そのとき、
20人くらいの経営者のみなさんが参加されてたんですが、
誰も手を挙げなかったんです。
>自分のことですからね。
>人と比べる必要ないんですよ。
>成功の定義なんて決まったもんがあるわけじゃなしね、
>自分なりに「オレは成功してる」って感じてたら、
>それでいいんですよ。

でも、、、、やっぱり、、、、
反応なし。
やっぱりねって感じなんです。
それが中小零細ってもんでしょう。
>オレは成功してる。
なんて恥ずかしくてとても言えない。
「内心こっそり」も、なし。
まずはじめに、
そこんとこ変えません?

わたしは心の底から思うんですけど、
みなさんはすでに成功者です。
ここにいるだけでかなりの勝ち組です。
だってまだ
会社つぶしてないんでしょ?
創業5年、10年、15年、
もうそれってすごくグレイトなことじゃないですか。
クソ暑い中、
誰に強制されたわけでもなく、
自らの意志でここに集まって前向きに勉強してる。
こんなこと、
したくったってできない人のほうが圧倒的に多いんですよ。
成功要因っていうのは、
ないものを探すんじゃなくて、
みなさんがすでにもっているものを書き出そうっていう話なんです。
もしなんの「強み」もない会社なら、
もうとっくにつぶれちゃってなくなってるはずなんです。
人間もいっしょ。
もし運が悪かったというなら、
いまもうすでにみなさんの命はないはずなんです。
>そやかて、
>借金ばっかり増えて、
>いっこも儲かってませんがな。

‥‥って、
おっしゃるかもしれませんね。
生きてるだけで丸儲け
──って言葉、
ご存じありません?
これ、
わたしは大好きなんで、
自社の経営理念の中にも入ってます。
誰の言葉なんでしょうか。
わたしは明石家さんまさんが言ってるのを聞いたんですが、
めちゃめちゃいい言葉だなと思います。
儲けてる
ってことなんですよ、
あなたはすでに。
いままでもじゅうぶんに幸運だったから、
ここでこうやって息してられる。
丸儲けな上に、
まだ社長として事業をやらせていただいている。
それにね、
借金できるってことは、
それだけ成功してきた実績があるってこととちがいますかね?
恵まれすぎ
なんです。
感謝しないとバチが当たります。
このわたしの意見が、
正しくなかったとしても、
かまわない。
そういうふうに自分の脳に教えこむ。
自己暗示のちからはあなどれないんですから、
ウソでもそうしていただきたい。
人間の脳はある意味アホですから、
それがウソだろうがなんだろうが区別ができません。
あなたが根気よくそう教えたらそう信じこむんです。
あなたは成功者です。
いいですか。
決してこれを否定してはいけません。
ピンと来なくてもいい。
「成功は自分の手の届かないところにある」
といった消極的な想念をもしあなたが自覚なく握っていたとしたら、
あなたはこの先もずっと、
この想念を現実化させてしまうことになります。
あなたが自分でわざわざ
成功を手の届かないところに遠ざけ続ける
ってことです。
最後になりましたが、
成功要因の書き出しと同時に、
「わが社の略年史」

作っておいてもらいたい。
「売上高・付加価値」「経営利益」をグラフにしたもので、
それに対応する経営環境(どの期に何があったか)を下に書きこみます。
「経営指針作成の手引き」第3章にひな形がありますので、
ご自身の経営指針書にはぜひ、
この年表を入れていただきたい。
そのグラフが、
二代目のあなたが社長を継いでからずーっと右肩下がりだとしても、
あなたは成功者ですからおまちがえなく。
それでまだつぶれないなんて、
どんだけ強い会社なんでしょうって話ですやん。
明日にもつぶれそうなんだって言っても、
まだつぶれてないないのは事実ですから、
すばらしいじゃないですか。
ま、
ふつうは上がったり下がったりしてますわね。
創業してまだ間がないという方は、
人生の略年史をつくってみるのもいいでしょう。
グラフが右肩上がりになる、
そのちょっと手前に成功要因があります。
あなたは成功者なんです。
他の人にはなかなかない「強み」があるからこそ、
「いま、ここ」で幸運にも、
わたしのメッセージを受け取ることができました。
そういうところから
ご自身の成功要因を感じ取ってください。
じゃあそれ、
次回までの宿題にしますから。

自社の事業を定義する

社長の開眼S さて今日は、
自社事業定義のお勉強です。
事業ドメイン
ってやつですね。
中小企業家同友会の経営労働委員会ってとこに長年所属していて、
強く実感することは、
経営指針づくりの学びの中で、
ここがいちばん目からウロコ率が高いってことです。
だからあなたも、
ここで出してくださいナ ̄O ̄)ノ
目ぇからウロコを(≡^∇^≡)
自社事業定義っていうのは、
>わが社の仕事は○○業です。
とか
>わたしは○○屋です。
っていうふうに、
文字どおり自社の事業を定義することです。
ドメイン(domain)とは「領域」のことでして、
どこからどこまでがあなたの仕事か整理するだけなんですけど‥‥
それだけのことが、
経営者ばかりでなく
社員さんたちの意識を劇的に変えることになります。
たったひとこと
が、
あなたの「こんな会社にしたい!」を叶えます。
たったひとこと
だからこそ

言ってもいいかもしれません。
それがコンセプトメイキングのパワーです。
短いひとこと、
ワンワードに凝縮するからこそ伝わる可能性が高まるんでしょうね。
” “(/*^^*)/
そのことを解説するまえに、
経営指針作成の手引きを開いて、
ちょびっとだけ経営指針の枠組みを復習しておきましょう。
 指針 = 理念 + 方針 + 計画
でしたね。
経営理念については、
このサイトでも何回か取り上げましたので、
だいたいのところはおわかりいただけたものとします。
これから解説する自社事業定義は経営方針の中で学びます。
「経営指針作成の手引き」では第三章ですね。
経営方針とは、
経営理念の徹底とその具体化、
創造的実現を目指して、
中期(3~5年)のあるべき姿と目標を示し、
それに到達するための道すじを示すものです。

と書かれていることからもおわかりのように、
経営理念を飛ばして経営方針を立てることはできませんので、
まだ理念があやふやな人は経営理念のつくり方に戻ってください。
第三章は
  1. 経営方針とは
  2. どのような会社を目指すか
  3. 自社を知る
  4. 経営戦略を立てる
  5. 経営方針を3ヵ年計画にまとめる


5部構成になってまして、
このうちの4のところに次の文章があります。
(2)自社の事業を考える
 経営戦略を策定する上で、
まず必要なことは自社の事業について考えることです。
 事業をどのように定義するかで事業の展開が大きく変わってきます。
自社の事業を考える場合、次の5つの質問が役立ちます。

  1. わが社の顧客は誰か、どこにいるのか。
    現在の顧客だけでなく、潜在的な顧客についても考えます。
  2. 顧客が本当に求めているものは何か。
    顧客にとって価値あるものは何かについての問いです。
  3. 我々の事業は何か。
    どのように定義したらよいかを考えます。
  4. 我々の事業は将来どうなるのか。
    予想される市場の構造的変化をふまえ、市場における潜在的需要と市場動向を推察します。
    このとき現在の商品やサービスによって満足させられていない顧客の欲求は何かについて考えます。
  5. 我々の事業はこれでよいのか。
    今のままでよいのか、事業業態の見直しが必要なのかについて反省的に検討します。
ここで仮に
あなたがやきとり屋さんだったとしましょう。
いっぱいありますね、
やきとり屋さん。
わたしの家から徒歩10分の範囲でも20件くらいあります。
その中で味やら値段やら雰囲気やらで差別化を図っていくんですから、
えらいもんです。
で、
あなたの会社の事業を、
経営者のあなたが「やきとり屋」と定義したとしましょう。
社長が
>うちは「やきとり屋」だ。
と言い切るなら、
社員さんもみんな同様に
>うちは「やきとり屋」だ。

納得するでしょう。
それのどこに問題がありますか?
一見、
なんの問題もなさそうです。
が、
事業が「やきとり屋」だとすると、
>鳥を焼くのが仕事だ。

思ってしまうのが素直な人間ってもん。
>鳥を焼くのが焼き鳥屋。
>焼いた鳥を食べて帰ってもらったら商売は完結。
>他に何があるっちゅうねん?

っていう理屈になります。
しかしそれが、
経営指針づくりの勉強会で、
あれこれ知恵をひねっているうちに、
>このへんじゃなかなか手に入らない本物の地鶏を
>心を込めて召し上がっていただいて、
>お客さんの感動を演出するのがオレらの仕事や!
>喜んで帰ってもろてナンボの商売や!
>焼いた鳥やったらなんでもええんじゃないんや!


気づく社長があらわれるんです。
傍から見ていると、
>おっ(ё_ё)?
>おまえ、なんやねん急に。
>そこまで熱くならんでも‥‥

と思うくらいなんですが、
なんせ本人は目からウロコが出てますから。
カルト教団みたいなノリになってくる。
いいんです。
目先の資金繰りに追われていたりすると、
えてしてこういう肝心なことを忘れてしまいがち。
なんのための経営だったかを忘れる。
そうすると、
はたらき甲斐もへったくれもなく、
ますます追いまくられていく毎日が続きます。
まずは気づきの第一歩。
よしとしましょう。
ま、
実際のところ、
お客さんは鳥を食べて腹を膨らませるだけが目的ではありませんよね。
>めっちゃうまいやんけ!
という感動。
>それでこの値段か!
という、
満足を超えた驚き、感激、感謝を味わうためにお店に来られるわけです。
そこを深めていくうちに、
あなたの事業定義が
「こだわり地鶏で感動演出業」
みたいに変わります。
やきとり屋こだわり地鶏で感動演出業
そうすると、
次に従業員の意識がガツッと変わります。
きのうまでは「やきとり屋」の社員だったのに‥‥
今日から「こだわり地鶏で感動演出業」になる。
焼いた鳥を食べて帰ってもらうだけでは不十分なのだ

わかります。
灰皿交換の動きひとつとっても変わってくる。
「いらっしゃいませ」の一声も変わる。
>あーアホらし。
>オレは鳥を焼いてるだけのほうが楽でよかったわ。

って、
ばかばかしいと感じる社員はここで辞めます。
いいんです。
辞めていただきましょう。
従業員がそんなふうに変わると、
お客さんも否応なく変わる。
そうやってあなたのお店は、
飲食店ガイドブックの分類上は同じ「やきとり屋」さんでも、
やきとり屋A、やきとり屋B、やきとり屋C、D、E‥‥
とは明らかに雰囲気のちがった抜群のお店になっていくんですね。
おめでとうございます☆(*^o^)乂(^-^*)☆
 あらゆる組織において、共通のものの見方、理解、方向づけ、努力を実現するには「われわれの事業は何か。何であるべきか」を定義することが不可欠である。
   * * *
 企業の目的としての事業が十分に検討されていないことが、企業の挫折や失敗の最大の原因である。逆に、成功を収めている企業の成功は、「われわれの事業は何か」を問い、その問いに対する答えを考え、明確にすることによってもたらされている。
 企業の目的と使命を定義するとき、出発点は一つしかない。顧客である。顧客によって事業は定義される。事業は、社名や定款や設立趣意書によってではなく、顧客が材やサービスを購入することによとり満足させようとする欲求によって定義される。顧客を満足させることこそ、企業の使命であり目的である。したがって、「われわれの事業は何か」との問いは、企業を外部すなわち顧客と市場の観点から見て、初めて答えることができる。
 顧客にとっての関心は、彼らにとっての価値、欲求、現実である。この事実からしても、「われわれの事業は何か」との問いに答えるには、顧客からスタートしなければならない。すなわち顧客の価値、欲求、期待、現実、状況、行動からスタートしなければならない。
   * * *
 したがって「顧客は誰か」との問いこそ、個々の企業の使命を定義するうえで、もっとも重要な問いである。やさしい問いではない。まして答えのわかりきった問いではない。しかるに、この問いに対する答えによって、企業が自らをどう定義するかがほぼ決まってくる。P・F・ドラッカー「[エッセンシャル版]マネジメント──基本と原則」より

ビジョン描画力

ビジョン描画力

テーマにセミナーを開きました。
「10年先ビジョン描画力はこうして鍛えられる」
こだわりのあるテーマでして、
ぜひやりたかったセミナーです。
わたし自身の視点も伝えたかったし、
他の方の体験も聞かせてもらいたかった。
小さな会場には40名以上がお集まりくださり、
めでたく満席。
ビジョン描画力
2時間で伝えきることは到底できませんでしたが、
初めて人前でお話しするテーマでもあり、
みなさんの反応をとても新鮮に楽しむことができました。
ビジョン描画力
──大きなテーマです。
描くことができたらそれが実現する

言っているわけですから(≡^∇^≡)
想いが現実化するということについては、
いまさら疑う余地がありません。
‥‥だとすれば、
だれだって豊かな将来を描いていてもいいはずなのに、
ところが実際はそうはなっていません。
わかっていても描けないんですね。
多くの人は、
過去に心がダメージを受けるなどして、
想いが下向きになってしまっているのです。
上を向かせようとしても向いてくれない。
自分の心なのに言うことをきかない。
描画力を鍛えるってことは、
心の自由な活動を邪魔立てしているあれやこれやの濁りを取り去って、
いきいきとしたアクティブな心に戻るってことに他なりません。
そうしたらもう泰然自若、
上を向いてようが下を向いてようが、
なにがどうでもかまわないというサバサバーッとした気分で生きられる。
窓ガラスの曇りを拭き取ったら外の景色がすっきり見えるのと同じで、
心の汚れが消えたら未来がよく見通せるんです。
セミナーで配ったレジュメに、
おすすめの日常習慣を書き並べておきました。
それが下記のリストです。
これからひとつひとつ解説していきます。
▼ぐるぐる思考を脱して描画力を鍛える日常習慣のヒント
朝晩の瞑想 →
深呼吸(丹田呼吸)
クンバハカ →
消極的(否定的)な言葉をなるべく使わない →
*テレビをなるべく見ない(特にニュース番組)
*日々の外からの刺激を修行、訓練ととらえるように
感謝(「ありがとうございます」を口にする)
ニコニコ(作為よりも自然とそういう心持ちになるように)
問題は急いで解決しようとしない →
*ふとんは自分でたたむ
*夜、寝る前の暗示
*思念の裁断(「有我執着」の状態から脱却する方法を行う)
思考を止める →
*水をたくさん飲む(1日に1~2リットル)
褒める+励ます →
*心機の転換(意識して我に返る)
*完全咀嚼を心がける(ごはんをよく噛んで食べる)
*常に自分の感じ方を観察し、不要な価値観を手放す
頼まれごとは断らない →
M2テクニック→
*価値判断をしない(特に否定をやめる)
*歩く瞑想(ヴィパッサナー瞑想法をヒントに)
*なにかしようとしない(戦略や目標や計画を立てない)
*半身浴(お風呂で瞑想)
「嫌い」「しんどい」「困った」「悪い」「疲れた」「いやだ」「忙しい」‥‥といった消極的な言葉全般がいちいち意識しなくても口から出ないように →
*自我の動き、思考の動きを離れて眺める
うまくいかないことに感謝 →
*なにもしない/覚醒を保つ
人の喜びを自己人生の楽しみとする気分を保つ →
少食(週末プチ断食とか)
*「いかにして」「どうやって」の思考パターンを見張る
*思いやり、気くばりの訓練
二極思考から脱する →
*なりたい自分、実現したい環境を紙に何度も書く