HOME > 共に育ちあえる強い会社づくり > 1-はじめに >

社員はもっとも信頼できるパートナー?

>うちの会社は、
>従業員の権利や、やる気や能力、人間としての価値を、
>じゅうぶん認めてくれる。
>だから、
>仕事を通じて自分が成長していると実感できる。
>いい会社だ。

──あなたの会社の社員さんは、
こんなウレしいことを言ってくれるでしょうか?
もし答が「イエス」なら、
すばらしいことです。
全員がそうではないにしても、
せめて幹部社員にはこのくらいのことは言うてほしいですよね。
社員が不平不満ばかり口にして、
経営陣を非難しながら次々と辞めていく会社と、
どこがどうちがうんでしょうか。
給料が高いとか、
休みが多いという待遇面だけでは、
こんなふうにはなりません。
今回のテーマは人間尊重
わ~重たっε=( ̄。 ̄;)
経営指針づくり勉強会のたびに、
賛否が激しく分かれるところであります。
労使見解の第2章「対等な労使関係」のところ、
どうしても理解できないという人が必ず何人かいるんです。
経営者と社員は対等な関係にある
って言われても、
どうもすっきりせず、
違和感を覚える経営者が大半です。
ただしこれは、
正しいとか間違っているということではありません。
中小企業家同友会ではこういう経営を推進してますよ、
こんな考え方もあるんじゃないですか、
っていう話です。
 企業内においては、労働者は一定の契約にもとづいて経営者に労働力を提供するわけですが、労働者の全人格を束縛するわけではありません。
 契約は双方対等の立場で取り交わされることがたてまえですから、労働者が契約内容に不満をもち、改訂を求めることは、むしろ当然のことと割り切って考えなければなりません。その意味で労使は相互に独立した人格と権利をもった対等な関係にあるといえます。中小企業家同友会全国協議会「中小企業における労使関係の見解」(1975)より

──あたりまえのことがあたりまえに書いてあるだけじゃないか‥‥
って気もするんですけど、
ここに出てくる「対等」の解釈しだいでは、
どうもやっぱり引っかかるらしいんです。
>そんなバカな話がありますか。
>対等なんてただのきれいごとですよ。
>こっちは給料を払っているんだから、
>そのぶんだけ働いて返すのは社員の義務。
>理想として掲げるのは勝手でしょうけど、
>うちではそんなこと口が裂けても言えません。

──と
セミナーの途中に激高して、
机を蹴って出て行ってしまった会員さんもいたという話が
まことしやかに伝えられているくらいです。
(残念ながら、
そのあと早々に退会されたとか。)
 ここもずいぶんと議論が百出しました。労使は果たして対等か、という点ではかなり異論が出ました。
 経営者は資本も生産設備も一切を提供しており、全財産を投げ出している。自宅も担保に入れてすべて保証している。労働者は体一つで働いている。これはいったい対等なのか。かなり深刻な議論がありました。「人を生かす経営」より(田山謙堂「人を生かす経営とは」)

──労使見解ができた当時から、
やっぱりいろいろモメてたところのようでして、
そんなに簡単に理解できるものでもなさそうです。
雇う側と雇われる側では、
まず、
責任の重さがぜんぜんちがいますね。
そのかわりといっちゃなんですが、
もらうお金の額もちがう。
権利義務もまったくちがう。
え?
話しあうときの態度がぜんぜんちがう?
ああ、
それもそうですね。
とにかく、
ちがうことばっかりだっていうのに‥‥
対等な関係
を、
どう解釈すればいいのか?
>こう考えないとうまくいかないんだから、
>とにかくこんなふうに思え。
>これがわからない経営者はダメだ。

‥‥と、
頭ごなしの教え方をしてる人もいますけど、
そう思えと言われてそのとおりに思えるほど、
人の心は便利にできてない。
理屈ではわかったとしても、
ホンネのところで心持ちがついていかない。
だからこそ、
そこで経営者としての器の大きさってもんに差がついて、
まとまれる会社とばらばらな会社の差になるんでしょうけども。
ちょっとでも対等っていう心持ちに近づきたいってことで、
中小企業家同友会に入会してまもなく10年のわたしが、
今日までに学んだところの解釈を述べますと──
立場のちがいを受け入れ、
お互いの存在を認めあい、
人間として尊重しあおうという、
その気持ちの姿勢において

対等なんだという解釈です。
夫婦関係にたとえてみても、
これは同じことが言えます。
妻が専業主婦という家庭の例で説明しましょう。
>オレが働いて稼いできたカネなんだから、
>どう使おうとオレの勝手だ。
>おまえはオレが養ってやってるんだから、
>この家のことを決める権利はオレにあるんだ。


夫が主張したとするとどうでしょう?
夫はこれを当然の権利だと思いこんでいますから、
妻が少なくとも半分の使い道を決める権利が自分にあると言い出しても、
まったく聞き入れないでしょう。
相手がいてくれてこその自分だ
という感覚がごっそり欠如していますよね。
ジジイのみなさんには申し訳ないが、
時代が古いほどこの傾向は強いです。
わたしも含め、
年寄りはみな胸襟を正さねばなりますまい。
対等な関係はこれとは反対です。
自分は外で働いて収入を得るという役割、
妻は妻として、
家事をこなし子どもを育てるという役割、
それぞれの役割を果たす
という意味において、
どちらが優れているとか劣っているとかなしに、
お互いによくやっている。

──そんなふうに認めあうことにおいて対等なのです。
もっと正確には、
お互いに認めあおうと努力する意思において対等
平たく言えば、
愛しあう気持ちが対等
ε=( ̄。 ̄;)
社長には社長の役割、
社員には社員の役割があります。
しかたがなしに押しつけられた役割ならともかく、
あなたはその役割を自分で選んだのではないのですか?
>じゃあ‥‥
>対等だとしても平等じゃないだろう


反論する人も必ず出てきますが、
ま、
そこまではわたしもよくわかりません。
ただ、
それぞれがそれぞれの役割を誠実に果たす使命を与えられている
という点では、
人はみな平等だというふうにも思えます。
>うん、よし、そこまではわかった。
>じゃあ、よしんば対等で平等だとしても、
>公平ではないだろう?


そこまで食い下がってきた人はいませんが、
さあ‥‥どうでしょう?
不公平なこと、
ありすぎるように見えてますからねぇ、
この三次元社会ではねぇ‥‥。
不公平なことがあったとしても、
それを乗り越える心の力を平等に与えられている

という点では、
やっぱり公平なんじゃないかとも考えられませんかねぇ?
生かされてさえいれば‥‥
という条件はつくでしょうけど。
ε=( ̄。 ̄;)
あ、いささか脱線しました。
対等
っていうところ、
ちょっとはすっきりしてきましたでしょうか?
そこまでわかってもまだ、
あなたのことを認めないアホな社員がいるんですよね。
せっかくつくった経営理念をあざ笑うかのように、
ボケーッとした態度でミスばかりくりかえすんですよね。
こっちは相手のことを認めようと必死で努力してるのに、
相手は自分のことしか考えてない。
と、あなたの目には映る。
──それ、わかります。
10人のうち2~3人は信頼できるパートナーっぽいとしても、
残りの連中はどうでしょう?
あなたの目には、
どう見ても給料のために来てるだけなんですよね。
決められたことを決められたままに最低限こなしているだけと映る。
がっくりするし腹も立つ。
経営者はたいへんです。
でもね、
途方に暮れるほど遠い道のりだからこそ、
そこで差がつくってことなんでしょうよ。
>ウチの会社は自分を認めてくれる。
って
社員が思ってくれるかくれないか。
何年か後に差がつくのはそこだってことですよ。
相手を認めるという努力を、
やりきるリーダーと投げ出すリーダーの差なんです。
オレの言うことがきけないなら会社を辞めろ

怒鳴りたくなる気持ち、
よくわかります。
わかりますが、
そういうタイプの経営者は生き残れません。
絶滅危惧種といってもいい。
なんだかしりませんけど
ちかごろの若ぇもんはワンピース世代っちゅうのか、
みんな仲間
っていう意識がたくましい。
だから、
対等な労使関係ってもんに対しても、
ジジイみたいな拒絶反応がない。
「労」とか「使」とかに分かれた
対立構造が存在していること自体が
そもそも理解できないくらいらしく‥‥、
なので若い経営者ほどここのところの飲み込みは早いです。
田山謙堂さんもびっくらこくでおますかなぁε=( ̄。 ̄;)
「強制する」とか「義務づける」っていう手法そのものが、
もう受け入れられない時代なんですから、
人間尊重を基本にした「人を生かす経営」の重要性が
今後ますます高まっていくことでしょう。
対等で平等で公平‥‥なんて、
経営者を苦しめるための十字架じゃないのか、
学べば学ぶほどよけい苦しいじゃないか。
アホらしすぎてやってられん‥‥

と、
そんなんもよくわかります。
そうであってもどうであっても、
愛だろ、愛。

あなたが育ててきたもののほうを見てみましょう。
なにもしてこなかったわけじゃないですって。

はじめに愛

深く探ってみれば、
人間の行動には二つの動機しかない。
不安か、愛か。
じつは、
感情の源もこの二つだけだ。
魂の言語にはこの二つの言葉しかない。
ニール・ドナルドウォルシュ「神との対話」から

それは、
そのとおりだなぁ~って、
思いません?
このことを納得できると、
感情の整理がスムースにできるようになります。
わかります?
いろいろ名前のついた感情が何十種類もあるようでも、
実はすべてこの二つの亜種だというわけなんですね。
てことは、
感情に従ってなにかするときは、
必ずどっちかに従ってるってことでして、
‥‥てことは、
必ずどっちかが強められてる
ってことなんですね。
わかります?
かなり大切な原則がはたらいていますからね。
あなたのふだんの行動はどうでしょう?
コトの発端にまでさかのぼって行動の動機を調べてみると、
ことごとく不安から始まっていることがわかりませんか。
じ~っと胸に手を当てて、
思い起こしてみてください。
売上ダウンが怖い‥‥
資金ショートが怖い‥‥
批判にさらされるのが怖い‥‥
パートナーに愛想を尽かされるのが恐い‥‥
ひとりぼっちが怖い‥‥
死ぬのが怖い‥‥

人生の90パーセント‥‥
いや、
もっとでしょうか。
>前向きに考えよう!
>やりたいことをやろう!

なんて、
ポジティブっぽい姿勢そのものが不安の裏返しだったします。
不安と闘うこと自体が、
マクロ的な意味では、
一方で不安を増大させているわけです。
かなり大切な原則は、
ひとつの例外もなく、いつもはたらいています。
不安だから不安と闘う

いうのでは、
けっきょくは不安の拡大再生産
不安をなくすための苦しみがいつまでもついてきます。
どこまで行っても自己中心で、
新しい局面が見えてこないでしょう。
だから、
愛に従いましょう。
だんだんそうしていきましょう。
人財育成は愛から。
すなわち経営は愛から。
不安だから愛を選ぶでは本末転倒なので、
自分をカラッポにするところまで戻って、
はじめの一歩からそうすることができたら素晴らしいですよね。
それは、
手段でもあり、目的でもあります。
というより、
「いま、ここ」では、
手段と目的が同じになるのです。
たとえば、
ミスばっかりくりかえしているアホな(とあなたが思っている)社員に対する
あなた自身の態度を観察してみると、
ほんとうにおもしろい気づきがいろいろあります。
やっぱりカッカするでしょ?
>このバカ!
>なんども同じこと言わせるんじゃねえよ!

って。
長年の心の習慣ですから、
とりあえず腹が立つんです。
そこからあなたは、
この感情を増殖させはじめます。
>なんでこんなミスが続くか、
>ちゃんと原因を整理しとけ!

と、
キツく叱るくらいはまだ序の口で、
さらに
>そんなちゃらんぽらんな性格じゃあさ、
>この仕事やってけないよ。
>辞めるんなら早いほうがいいよ。


畳みかけるのです。
よけいなことです。
感情と一体化していく。
ありがちな執着パターンにはまりこんでいくわけですからね。
>いや、しかしね、
>きっちり言っておかないと、
>顧客に迷惑をかけてからじゃあ手遅れなんだから。

と、
裏でエゴ魔神が主張しているのが聞こえてますか?
聞こえてません?
エゴさんの手の内が読めるようになってくれば、
心が一階級昇進したと考えていいんですけども。
エゴさんにとっては自己防衛が先決で、 だからいつでも不安に突き動かされていますからな。
そこんとこ、
よ~く観察しといてください。
起こってくることを起こってくるがままに眺めといていただきたい。
不安を、
それ以上の何かにしないことが大切なんです。
あなたが問題にしなければ問題にならない
ってことが、
よ~くわかるまで‥‥
アホな(とあなたが思っている)社員だって、
もっとアホな(とあなたが思っている)上司だって、
そういうのにいちいち振りまわされている小さい自分だって、
許しちゃいましょ。
サラッとカラッと、
ぜ~んぶ許します。
あなたにだって、
そのくらいの愛はありますでしょ?
愛を引っぱり出してきたとたん、
エゴが一目散に逃げ出すのがわかりますよね?
愛ってすごいんですなぁ~(。・・。)
長いこと出してなかったんでホコリかぶってませんか?
愛に従って何かする‥‥
ってことを
今日からはじめましょう。
わたしもいま、
ちょっとずつ練習してるとこですよb(⌒o⌒)d

愛だろ、愛っ。

だのだの、
そんなもん照れくさくって中小企業にはなじまない‥‥

思ったりしてませんかね?
都心のホワイトカラー系は別として、
たしかに中小企業ってところは、
無骨者の集まりみたいなところがありますね。
特に関西の製造業、
だいじょうぶですか?
ロマンスが不足してませんか?
オヤッさんたちの日常会話で、
「愛」が語られることはほとんどない。
家に帰っても
嫁さんにそういう言葉は使わない。
たとえ飲み屋のおねえちゃんが相手でも、
「好っきゃで~」ということはあっても「愛してるよ」とは言いません。
「愛」っちゅうのは、
なにも男と女のあいだのことだけじゃないんですけど。
労使見解にもについての説明はない ┐(-。-;)┌
人財育成は子育てにも似ています。
たっぷり愛情を注がないことにはね。
オール・ユー・ニード・イズ・ラブ =*^-^*=
ラブ・イズ・ストロング =*^-^*=
理屈ではそんなこと百も承知のはずなのに、
それでもやっぱり
愛は割に合わない

感じている経営者が多いです。
>あんだけかわいがってやったのに裏切りやがって‥‥
みたいなセリフ、
ときどき耳にします。
いろんな意味で懲りてるんでしょうねぇ。
育てても育てても
去っていくのが社員です。
それがトラウマになっている。
そういえば昔、
サントリーのCMでこんなのあったでしょ。
『愛だろ、愛っ。』

それが浮かんできて頭の中をまわるくらいになるといいですよ。
強い会社づくり、
溌剌と活力に満ちた組織づくりのはじめの一歩は、
がなくちゃあ始まりません。
なにはなくとも
愛だろ、愛っ。
って感じですよ。
(。・・。)
でもこれね、
行動に移すっちゅうか、
態度にあらわすっちゅうか、
言葉で伝えるちゅうか、
なんかそういうの、
なかなかうまくいかないもんですよ。
だって相手は、
50すぎのオッサンだったりオバサンだったりもするわけで、
ドラマに出てくる「愛」の雰囲気とはほど遠い。
それでもしかし、
たとえどんなにアホくさくても、
をあきらめるな。
マザーテレサの名言に、
「愛の反対は憎しみではなく、無関心である」
というのがあります。
関心をもつことがを実践する第一歩なんだという教えですね。
ギュッと抱きしめてチューしてやれという話ではないんです。
まずは誰でもできる入門編として、
気にかける
という意識づけ

おすすめします。
ほんの数秒、
社員さんやアルバイトさんのことを
思い出すだけでよいんです。
毎朝出勤する前に、
社員ひとりひとりの顔と名前を思い浮かべながら、
全員に「ありがとう」を言うことを習慣にしている社長さんがおられます。
夜は寝る前に、
社員のうちの誰かひとりを選び、
その人がどうしたらいちばん喜んでくれるか、
いちばんしあわせになれるか、
いっしょうけんめい想像して祈るんだそうです。
すばらしい習慣だと思います。
が、
あなたはそこまで立派なことしなくてもいいんです。
>あいつなぁ‥‥
>ちょっと今日はキツく言いすぎてしもたけど、
>いまごろなにしてんねんやろ?

って、
ちょっと気にかけてやるくらいでいい。
>まったくどいつもこいつも、
>だらだら会社に甘えることばっかり考えやがって

とかね、
>なんやあいつら、
>このごろやけにオレにさからうな。
>なんでこのくらいのことがわからんねん

とかね、
なんかギクシャクしてる感じが引っかかるようになったらね、
まずは社員さんたちに対する自分自身の愛情の深さを点検しましょうよね。
社員が何百人いても、
得意先が何百社あっても、
ひとりひとりをていねいに、
ちょっと気にかけて思い出す習慣があればね、
それだけでふだんの声のかけ方とかが変わってきます。
ひとりひとりを気にかける。
自分の行動チェックリストの第1位をそれにしておくと、
ヒット率が極めて高くなって、
よけいなまわり道をしなくて済みますよ。

労使見解(ロウシケンカイ)

中小企業家同友会には
経営指針作成の手引きと並んでもうひとつ、
大切にされている小冊子があります。
「中小企業における労使関係の見解」(通称「労使見解」

収録した
「人を生かす経営」。
「経営指針作成の手引き」よりも、
さらに薄く、そして安い。
300円w(゚o゚)w
しかしその中味は、
非常に深く、重いです。
「労使見解」(ロウシケンカイ)
は、
その薄っぺらい「人を生かす経営」の中の、
わずか9ページにも満たない短い文章なのですが、
中小企業家同友会ではこれがまるでクルアーンのように、
とても、とても、大切にされております。
たしかに、
読めば読むほど味わい深い。
中小企業経営者の汗と汗と汗と汗‥‥
──どんだけ汗くさいねんε=( ̄。 ̄;)──
が、
しみこんでいて、
折々の情景が目に浮かびます。
汗くさい = 人間くさい
ですね。
労使見解が発表されたのは1975年。
高度経済成長が終わりを告げ、
労使関係のあり方も本質的に転換しようとしていた時期です。
時代の背景をもう少し詳しく知るために、
第二次世界大戦までさかのぼってみましょう。
1945年 = 敗戦
焼け野原と化した日本にマッカーサーがやってきて、
あいつは追放、こいつは処刑、あれは解体、これは排除、
問答無用の統制下で国家がリメイクされていきます。
あらゆる状況が想像を絶する共感不能な領域であり、
そこに生きて体験した者でなければわからない雰囲気だったんでしょうね。
1947年 = 全日本中小工業協議会(全中協)結成
この「全中協」というのが現在の中小企業家同友会の前身ともいえるものらしいのですが、
その活動は、大企業に偏った経済政策を是正し、
中小企業の存立と発展、社会的地位の向上を求めることを目的でした。
国による「中小企業庁」の設置が翌48年であることからもわかるように、
この時点ではまだわが国に体系だった中小企業政策は存在しなかったわけです。
1957年 = 日本中小企業家同友会創立
この日本中小企業家同友会が後に東京中小企業家同友会となり、
そこから大阪、愛知、福岡、神奈川‥‥と、
各地に中小企業家同友会が広がっていくわけなんですが、
このちょっとまえ、
1956年に日本中小企業政治連盟(中政連)という組織が設立されます。
この連盟は、
同業組合を組織して過当競争を制限しようとする考え方の下、
中小企業団体を商工組合にまとめ、
国の力で統制的に指導することを定めた法律の制定運動を強力に推し進めていました。
全日本中小工業協議会(全中協)からも多くのメンバーが中政連に合流したとか。
しかしこの運動に対し、
「上からの命令や法律で中小企業の自主性を押さえ、官僚統制に道をひらく」ものとして
反対する立場の中小企業経営者が立ち上げたのが
日本中小企業家同友会
なのです。
根っこがそういう経緯ですから、
官僚統制を嫌う
っていう気骨が中小企業家同友会の下地にあるんですね。
自主性を重んじる
というと聞こえはいいが、
要するにだいたいがわがままってことなんですよね。
素敵です(*^_^*)
>経営の勉強は自分のためにやってるんだから、
>来たくないなら来なくていいよ

と、
入会してからすぐに言われました。
上から押しつけてくるものに対しては、
とりあえず反発する習性がありましたが、
そう言ってもらえたので納得できた。
実際、
最初の1年間は幽霊会員でしたし、
5年間は経営指針もつくりませんでしたが、
同友会活動に関しては、
結果としてすべて自主的に取捨選択してやってこれました。
1969年 = 中小企業家同友会全国協議会設立
わたしは7歳です。
日本経済は高度成長(1955~1973)の真っ只中、
国じゅうがギタギタと煮えたぎっていたころですね。
そして──
1975年 = 労使見解
いっぽうで労働組合運動が活発に展開される中、
どうすれば経営者と従業員が
ほんとうに信頼しあえる関係を つくっていくことができるのか。
のっぴきならない課題が当時の経営者に突きつけられていたわけです。
中小企業家同友会に集まっている経営者は、
いったいどんな想いで経営をやっていくのか、
組織の求心力を強める意味でも、
断固とした意思表明が求められた。
労使見解は、
中小企業家同友会の存立基盤そのものとも言える声明文なのです。
人間尊重の経営
などという
厳かな言葉が使われております。
雇うほうも雇われるほうも血の気の多い、
切った張ったの時代、
ひとつまちがえば大ウソつき呼ばわりされるリスクもあります。
使用者と労働者が尊重しあうなんて
究極のきれいごと
かもしれないわけですから、
どれほどの経営者がなんべん集まってどんだけ議論したか、
それはそれは気の遠くなるようなプロセスだったろうなぁ‥‥
と当時の苦労が偲ばれます。
 当時は、労働組合の指導それ自体が、今とかなり違っていて、代表的な労働組合、例えば総評は「中小企業家といえども、資本家である。大企業の労働者も中小企業の労働者も、労働者に違いはない。大きい、小さいの差はあるけれども、実際的には一緒である。従って組合の態度というのは、総労働と総資本という関係で考える」ということを、一貫して言っておりました。
 ですから「労働関係は力関係である。だから力でもってストライキをするとか、団体交渉するとか、さまざまな力を行使しながら自分たちの要求を勝ちとるということ以外に、自分たちの生活を高めることはできないのだ。また、それをやるべきだ」というような指導が、労働組合運動の中に一貫して流れている。そうしますと、中小企業の経営者にはそれに対する反発と憎しみが当然ながら生まれてくるということで、企業の中でさまざまな混乱と感情的な対立、争議が繰り返し行われて、お互いに大変に不幸な状況が生まれていました。
   ***
 その中で、いろいろな議論をしました。経営者側の意見の相違もありましたが、最終的に、この『労使見解』に到達したのです。「人を生かす経営」より(田山謙堂「人を生かす経営とは」/1989年8月)

そうして労使関係は
対立から協調の時代へ

移っていくのですが、
中小企業経営者の本気の取り組みが行間に滲み出ているから、
「人を生かす経営」はくりかえし精読する価値があるのでしょう。
よりよい組織をつくっていこうとするなら、
熟読を欠くべからざる1冊と思います。