HOME > 共に育ちあえる強い会社づくり > 2-責任 > 怒らない経営‥‥ではまだ不十分だ


▼スポンサーリンク▼

 

怒らない経営‥‥ではまだ不十分だ

ぶらっと本屋さんに寄ったら
大藪崇っていう若い社長の書いた
「怒らない経営」

目に留まりました。
出たばっかりの新刊なんですね。
怒らない経営‥‥ね、
それならわたしも常日ごろから実践を心がけているド真ん中の課題だったので、
タイトルだけで買ってしまいました。
さぞかし気の短いイケイケの社長が、
怒りっぽい性格のために幹部と何度も衝突し、
組織はバラバラで崩壊寸前の危機を迎えるが、
その後、
怒りをコントロールする術を身につけて、
いまは業績も奇跡のV字回復‥‥
みたいなストーリーかな、

思っていたら、
ぜんぜんちがいました(-“”-;)
この人、
子どものころからほとんど怒ることがなかったそうなんですね。
で、
うまくいかないことがあっても
頭に血が上ってカッとすることもなく、
いまでも怒らないと。
なんやねんそれ‥‥
怒るでしかし!
‥‥っていうのは冗談として、
どうすれば怒らずにいられるか
とか
怒ることがどれだけ人生にマイナスか
みたいなことは
書いてないんですね。
そういう意味では予想とちがってたし、
別にこんなタイトルでなくてもよかったやんかと思いますが、
もちろん響いた部分もあります。
>すべて自分の責任
ていう姿勢が、
すごく強調されてるんですね。
すべて自己責任
だから
何があっても人のせいにしない
ので
社員に対しても感情的にならない

怒ることもない
っていう
筋立てになってます。
とってつけたような編集者の意図が透けて見えますけど、
でもこのことは大切。
1500円(+税)以上の価値はある。
>すべて自分の責任
──そんな理屈はわかってても、
しつこくどうしようもなく湧いてくるのが怒りなんで、
生まれつき短気で怒りん坊なみなさんは、
引っ込みがつかない気分になってるでしょうけども。
いい機会じゃないですか。
あらためて自分に問いかけてみましょうよ。
>すべて自分の責任
と、
ほんとうに言い切れるあなたかどうか。
本の冒頭で、
著者はこう書いてます。
 うまくいくときも、そうでないときもすべて自分の責任だ。
 私はこれまでずっとそう意識してきた。結果が出なければ、何も残らないのだから、すべてを自分の責任としていかないとやり切れない。自分の責任という考えが体のすみずみまで染み込んでいる。そして、これまで取り組んできたすべてのことのベースになっている。大藪崇「怒らない経営」より

ですて。
どうです?
生まれつき短気だったかどうかは別として、
自分の責任に関して、
あなたはそこまで言い切れますか。
ちなみに
大藪崇さんっていうのは1979年生まれ。
てことは35歳。
愛媛でエイトワンっていう会社を経営されてます。
このへんから下の若い経営者は、
怒らない人が珍しくなくなりましたよね。
クールでスマートじゃなきゃ格好よくないし、
社員がついていかない。
感情的な人は時代に弾き飛ばされてしまうんですね。
平和な世の中でよかったってことでしょう。
だからこの本のタイトルの「怒らない」ってとこよりも、
学生時代はパチンコ三昧で1000万円プラス、
そのうち350万円を貯金にまわした話

とか、
ニートの時代に株式投資をはじめてから4年半で
35万円の資金を15億円に増やした話


反応して買ってしまう若者のほうが多いことでしょう。
余談かもしれませんが、
「怒らない経営」
っていうタイトルの本が、
これとは別にもう1冊あります。
「銀のさら」ブランドでおなじみ、
株式会社ライドオン・エクスプレスの社長、
江見朗さんって方が書かれました。
ライドオン・エクスプレスの
企業理念──
ビジネスを通じ、相手の幸せが
自らの喜びと感ずる境地を目指す

経営指針──
感謝の気持ちに基づき衆知を集め、
すべてを容認し、自他共に正しく導く

──と。
これ、
いいですよね。
江見朗社長は1960年の生まれで歳も近いし、
天風哲学にもどっぷり浸られた方ですから、
感性としてはこちらのほうがフィットします。
あいにくご本人にお会いしたことはありませんし、
「銀のさら」のお寿司も実は食べたことないので、
それ以上のことが語れなくて残念ですけども‥‥。
自己責任に話を戻しましょう。
わたし自身、
全責任は自分っていう姿勢を
あらためて徹底することにします。
社員の仕事ぶりに対して不満があったり、
ミスや失敗で不愉快な気分になったりしているうちは、
まだ自己責任を取ってないんだと思いますね。
社員がそれぞれのゆっくりしたペースで快適に歩いてても、
会社としては利益が出るからだいじょうぶ。
と、
そんなしくみをつくるのが経営者の仕事です。
そこに責任がある。
たとえば
社員がだらだら仕事してるのが目に入ったとしても、
ぼんやり手を止めてサボっていたとしても、
怒らない。
不機嫌にすらならない。
社員のほうの事情がどうであっても、
じゅうぶん利益の出る「しくみ」をつくるのが経営者の責任。

そこまで徹底したい。
社員さんだっていつもサボっているわけじゃないし、
なんか事情があるにちがいないんだから、
マイペースで働いてくれていい。
手抜きぶりが目に余るとしても、
それは、
経営理念を浸透させられなかった経営者の責任。
誰のせいでもなく、
すべてはわたしの責任。
そこで感情的になるってことは、
社員のほうへ意識が向いてしまっているってこと。
つまり、
経営者がつくるべき「しくみ」のほうへは意識が向いていない。
意識を社員のほうへ向けて不機嫌になっているってことは、
自分の責任を脇へ置いているわけで、
肝心の「しくみ」が磨かれない。
悪いのは社員のほうだ

あからさまに考えているつもりはなくっても、
価値観の根っこに染みついてしまっているから不機嫌になる。
それでは本質的な問題解決が遅れる。
社員は社員のほうで、
それぞれベストを尽くして楽しくやってくれていると信じましょう。
好きなようにやってくれたらいいじゃないですか。
社員に対して、
ああしろこうしろ、
どういうふうでなければダメだ、
といった感覚をもつのはやめにしたい。
怒るなんて問題外。
不機嫌になることすら許容範囲外。
怒ってるつもりじゃなければ許されるなんていうのも甘すぎます。
ごきげんずくめの経営
を、
さっそく
たったいまから実践です。


▼スポンサーリンク▼